「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
HOMEに戻る(ブログのみを御覧の方専用)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

上坂すみれ「革ブロ総決起集会」@中野サンプラザ
2/11の建国記念日に中野ブロードウェイで執り行われた、
上坂すれみの「革ブロ総決起集会」に参戦してきました。

ナタリー:上坂すみれ、涙の“聖地”興行で「キン肉マン」第20巻を配る

↑何故そのシーンをチョイスしたタイトルなのかw

まず中野サンプラザのホールに入ると…そこでは、
よくわからないBGMが鳴り響いていました。
ん??何故すみぺの曲じゃない??

そのまま自分の座席を見つけて座っていると、
(席は2階席の通路側。この時は、まあサイリウム振りやすいからいいか、くらいに考えていました)
謎のコミカルな古めかしい洋楽(おそらくロシアの曲)
80年代アイドルっぽい曲
が続き、これはどう考えてもすみぺセレクションだなw
と思ってツイッターを見ると、案の定すみぺからこんなツイートが。


「開場しました、ようこそようこそ!!我がiPodの開場BGMを聴きながらお待ちください(*・∀・*)」


開場BGMって。
パックマンの電子音もBGMですかw

時刻は18時を過ぎ、そろそろかな…と思っていると、開場内のアナウンスが流れます。

「場内での撮影、録音は一切禁止となっており…」

このアナウンスが終わったら始まるかな、と思っていたら、アナウンスの最後に冷静な声で

「それでは同志の皆さま、盛り上がってください」

とか言い出すので、みんなのテンションが一気にアップ。
そして謎の怪しげな曲が流れ…おそらくソ連の国歌…怪しい映像が流れ…

アルバムリード曲の「革命的ブロードウェイ主義者同盟」からスタート!!
そして続けて「サイケデリック純情」!
この2曲はアルバムで続けて聴くとめちゃくちゃテンションが上がるので、そのまま持ってきてくれたことが嬉しい…!

ちなみに、「革命的ブロードウェイ主義者同盟」の間奏で
「中野区」「中野ブロードウェイ」といった、中野にちなんだ標識や文字がスクリーンに映し出されたのですが、
さりげなく「中野梓」と映し出されたのをぼくは見逃しませんでしたよ。
そういえば、MCですみぺが「ふんす!」って唯ちゃんっぽく言ってたし、ひょっとしたら「けいおん!」好きなのかもしれない。

3曲目に新曲「パララックス・ビュー」を歌ったところでMC。

ステージの端から端まで走りながら「どうもどうもどうもどうも!」と挨拶するすみぺには、
初々しさと同時に貫禄を感じました。
いつぞやのステージをニコ生で見た時とも違う、この前の新橋SL広場で見た時とも違う、
短期間でどんどん成長しているすみぺが、そこにはいました。

ステージに一見無秩序に並んでいるように見える、古めかしいブラウン管、招き猫、タヌキの置物なども、
すみぺがそこにいるだけで「確かにブロードウェイっぽいかな」と思わせてくれます。
それらのステージの説明、革ブロPVを再現した衣装の説明をしたところで、次の曲に進みます。

次の曲は「テトリアシトリ」

これはもう大好き過ぎる一曲。
会場が一気にクラブっぽい雰囲気になります。
歌の合間合間に、片手を前に突き出して全身でリズムを取るすみぺが印象的でした。
この曲はもう、聴いて良し、歌って良し、踊って良しです。
ぼくも全身でこの曲を楽しみました。
それから

SUMIRE #propaganda
すみれコード

を歌ったところですみぺ退場。
…と同時に、スクリーンに映し出される映像。

"1991年、ソビエト連邦が崩壊したその年、上坂すみれは誕生した"

みたいな、ドキュメンタリー番組みたいなナレーション付きです。
子役デビューした年、上智大学に入学した年も全てロシアの出来事と絡めて紹介され、みんな爆笑。

今までは狭いキャパの会場で同志諸君と触れ合ってきたけど、
その同志も順調に増殖を続け、今回は2200人収容の中野サンプラザ。
ここでも、上坂すみれは同志の身近な存在でいられるのか?
と、疑問を呈したところで映像は終わります。

終わって…終わって………何も始まらないw

ぼくは「まさか、いきなり2階席にババーンと登場するんじゃ!?」と思って振り返ったところで、

「ほんと、どうなっちゃうんでしょうね~」

ゆる~いテンションのすみぺが、スーパーのレジかごを持って普通にステージ袖から登場しました。
と、ここでなんと、

「皆さんの近くに会いに行きたい!」

とのことで始まった「上坂すみれの、遠くてごめんなさい」のコーナー!
そんなコーナー名だったのか、というのは後になって知りましたw

「昨日、中野ブロードウェイで買ってきたんですよ」という戦利品をたくさん入れたレジかごを持ち、
再びステージ横から会場を出ていくすみぺ。
すみぺの前方からカメラがその様子を捉え、それがスクリーンに映し出されます。
通路を通り、階段を登り…
まさか2階席に来るのか!?と、それまで大人しかった我々2階席のテンションが一気に上がります!

道中仕掛けられたライブグッズ、ナポリタンwの罠も無事に潜り抜け、
すみぺ、2階席登場…!!

まずは、2階席の中でも一番上、明らかにステージ見えないだろう、というところに行きます。

「では、一番隅の貴方に…!」と、戦利品を手渡すすみぺ。
なにこの子、めちゃくちゃいい子なんだけど。

その後も、もらっても困るような謎アイテムを無作為に手渡していきます。

そのまま2階席を縦断し、ぼくの目の前の階段を登り……そこでもアイテムを手渡して…
今度は目の前の階段を降りてきて……目の前で止まったああああああああああああqwsdrftgyふじこlp;

「いえーい!いえーい!」

と周りの人とハイタッチ。
ぼくも左手を差し出すと…ぽんっ、と小さい手の感触が。
それから暫く、左手の震えが止まりませんでした。
ああ…通路側ってこんな神席だったんですね…!!

そしてまたぼくの目の前で立ち止まるすみぺ。

位置関係的に、カメラ→すみぺ→自分

だったんですよね。
確実に映っちゃいましたよね。
確実に人生で一番気持ち悪いニヤニヤ顔でしたよね。
確実にそれがライブDVDに残りますよね。
うわああああああそれだけはやめてええええええむろみいいいいいいいいいい。

でも、ぼくの後ろからも

「ちょっっっすみぺっっっめっちゃかっっかわいいんだけどっっっ」

という、もはや声になってないような興奮した女の子の声も聞こえてきたので、まあみんな同類ってことでw

ぼくは残念ながらすみぺの謎アイテムはもらえませんでしたが、もうあんな近くでお顔を見れただけで感無量です。

そして皆さんの興奮覚めやらない中、今度は1階席に降りて1階奥へと向かいます。
「ふっふーっ!」とハイタッチしていくすみぺは、なんとなくしょこたんっぽいなと思いました。
その途中、通路側でライブグッズのポストカードコレクションをすみぺに見せる男性出現。

「あと一枚でコンプなんですよ!」

という姿に、すみぺも

「わ、すごい!じゃあここに(謎アイテムの)マンガでも入れておきましょうかね。
 何がいいかな…あ!これにしましょう!」

と、エガちゃんのポストカードを取り出すという神チョイスにみんな爆笑。

「よし!これでコンプ!おめでとうございます!よーし、いいことしたぞー^^」とすみぺも上機嫌です。

その途中もロシア軍服の人がいたり、スパイダーマンがいたりと、同志諸君ネタ仕込みすぎw

そしてこの大盛り上がりのコーナーも終わり、再び歌い始める曲は…


げんし、女子は、たいようだった。


1階席最後尾も2階席も異常な興奮状態になってる中、この曲ですよ。
とにかく物凄い盛り上がりでした。

その後もアニメ「鬼灯の冷徹」のキャラソン新曲「キャラメル桃ジャム120%」も
めちゃくちゃノリよくカワイく歌い上げ、曲は続いていきます。
個人的に凄く大好きなのが

FLYERS

なんですかね、この曲。
すみぺの高音がめちゃくちゃ気持ちよくてテンション上がるんですよ。
そして

我旗の元へと集いたまえ

を歌い終わり、「ありがとうございました~!」とすみぺは会場を去っていきました。
ここでアンコールを求める声が沸き起こるのですが、なんと、アンコールってこのライブが初めてらしいんですよね。
なので同志諸君も手探りのようで、最初は

「すーみーぺ!」パンッ!「すーみーぺ!」パンッ!

と無難な手拍子が行われていたのですが、途中から

「すみぺっ!」パパパンッ!「すみぺっ!」パパパンッ!

と変わったり、この"みんなでライブを作り上げていく感"たまらない…!と思いながら、再びすみぺが登場するのを待っていました。

そして登場したすみぺ。
アニメ「パパのいうことを聞きなさい!」のキャラソン「ソライロ」を歌います。
その最中、同盟のロゴマーク入りの巨大風船が3つ乱入します。
みんながすみぺに向かってそれをトスするので、それを一生懸命押し返しながら歌うすみぺが大変かわいいw

途中で巨大風船が割れると、中から小さい風船がたくさん出てきました。
それにもひとつずつ同盟ロゴが入っているのですが、
曲が終わると

「それは皆さんで分け合ってくださいね。平等は共産主義の基本ですから」

という同志すみぺの有難いお言葉。

続く「我らと我らの道を」では、間奏の「行進!行進!わーれらと行進!」の尺がライブ版として長く取られており、

「今日はじっくり行進を見てやるぞ~!」

と、すみぺにじっくりと我々の行進を見ていただきました。

MCの時に、自分の衣装の肩がズレて結構ダイタンなことになってたことに気付いて

「え、ずっとこうだったんですか!?
 ちょっ…DVDではここだけモザイクかけといてください!
 でも大丈夫です、今日は透明な……のを着けてきましたから」

この子、いま絶対ブラとか言いそうになったw
続いて

七つの海よりキミの海

この曲の盛り上がりはやっぱり桁外れです。
むろみー!
ラストにもう一度

革命的ブロードウェイ主義者同盟(PV映像付き)


そしてラストの挨拶。

そこでようやく緊張の糸が切れたのか、泣き出してしまうすみぺ。
この子は泣きそうでも泣かない子だと思っていたので…なんかね、こっちも感無量ですよね。

「歌もダンスも微妙で、ロシア語くらいしか特技がなくて…」

「ツイッターを見てリプライがあると凄く嬉しくて…わたし、メンタル病んでますよね…」

すみぺがメンタル病んでるからこそみんなついてきてるんだよーと言いたかったw
オタクとかサブカルとかそういうことじゃなくて、
そのメンタリティが「こちら側」だと思わせてくれるからこそ惹かれた人も多いのでは。
でも最後は、「これじゃ締まらないですよね…」と言いながらも、気丈に

「解散!」

と叫んでステージを去っていきました。
去り際に手を振りながら

「わたし、メンタル病んでるから……また構ってね…」

とつぶやいていましたがw



ライブ終了後、各方面から届けられたお花を見ていたのですが、
その中に「革命的モモイスト連盟」なる名前から届いているお花を見つけました。
モモーイとすみぺの関係はみんなの知るところですが、モモイストがすみぺに惹かれるのはもはや自然の摂理としか思えないw

モモーイに魅せられて引っ張られてきたモモイストはたくさんいて、
すみぺもそのうちの一人なわけで。
でもすみぺは、モモーイみたいにみんなを引っ張って新たな世界に連れて行くというタイプではない。

モモーイに魅せられたこの子は、どんな景色をこれから見ていくんだろう。
もはや保護者目線ですね。
この子の行く末を見届けたいと思います。

すみぺが幸せでありますようにw


<セットリスト>
01. 革命的ブロードウェイ主義者同盟
02. サイケデリック純情
03. パララックス・ビュー
04. テトリアシトリ
05. SUMIRE #propaganda
06. すみれコード
07. げんし、女子は、たいようだった。
08. アオくユレている
09. キャラメル桃ジャム120%
10. 哀愁Fakeハネムーン
11. 真・革命伝説
12. FLYERS
13. 我旗の元へと集いたまえ
<アンコール>
14. ソライロ
15. 我らと我らの道を
16. 七つの海よりキミの海
17. 革命的ブロードウェイ主義者同盟
[PR]
# by icemintken | 2014-02-14 07:33
上坂すみれ「革命的ブロードウェイ主義者同盟 新春★公開プロパガンダ in 新橋SL広場」
声優のすみぺこと上坂すみれさんだけには手を出してはいけない、
と思ってあえて避けてきた面があります。

知れば絶対ハマってしまう。
そう思えるだけの魅力が、遠目で見ていてもわかりました。

でも今回ふと思い立ち、寒空の下で行われたこのイベントに参加してきました。

上坂すみれ「革命的ブロードウェイ主義者同盟 新春★公開プロパガンダ in 新橋SL広場」:上坂すみれ、白昼の新橋で“ゴツい車”が来るまで同志アジる

ニコ生の録画


今回のイベントは新橋SL広場横のステージで行われたため、誰でも見ることができます。
山手線、京浜東北線のホームから見ることもできます。

だとすると、これだけ大人気の声優だから早めに行ってスタンバイしておかないとな、と2時間前には現場に到着しました。
それにもかかわらず、現場には既に多くの"同志"の姿が。
「3時間前がデフォだよなー」という声も聞こえてきます。
凍死するわ!

この日はとにかく寒く、1時間が経過するとじわじわと足の感覚がなくなっていきました。
1時間半が経過し、も、もうそろそろきつくなってきた…と思ったところ、
開演30分前にもかかわらず、すみぺ登場!!

このサプライズにみんなは完全に驚き、一気にテンションが上がります。
…が、ぼくは既に半分凍結状態になってるので身動きできません。

すみぺ「ちょっとだけリハーサルしたいんですけど…いいですか?」
同志「うおー!」

なんとリハーサルがあるとは!
これはニコ生でも放送されないし、現場に来た甲斐がありますね^^

すみぺ「すみませんお待たせしちゃって…寒いですよね?」
同志「暑いー!」
すみぺ「あ、暑い!?お、おかしいんじゃないですか…?」
同志爆笑。

そう言ってステージとなっているビルの2階に立つすみぺ。
あれ?その高さってなんだか"ちょうど"良いなと思っていると、

すみぺ「ここに立つとなんだか…」

そう、まるで選挙カーに乗って街頭演説する候補者か、デモを扇動する…文字通り、アジテーターにしか見えませんw
すみぺもそう思ったようで、いきなり

すみぺ「消費税を上げるなー!」

これにはスタッフが慌てて、横で「やめてください、やめてください」みたいにジェスチャーしながら苦笑いしていました。
あと、注意事項としてすみぺから「サイリウムを振らないこと」と説明がありました。
火事に間違えられてしまうからだとか…なるほど、しかもすみぺカラーは赤ですしね。

すみぺ「ということで、サイリウム振らないでくださいね。また新幹線止まっちゃうかもしれませんから」

と軽口を叩くので、またスタッフが横で「ほんとやめてください、まじでやめてください」と、ちょっと強めにジェスチャーしながら苦笑いしていました。

それからリハーサルが始まり、
・革命的ブロードウェイ主義者同盟
・げんし、女子は、たいようだった。
・七つの海よりキミの海
の1番だけ歌い、振り付けを確認して終了しました。
「七つの海…」はイントロが長いことで有名ですが、イントロで長々と振り付けを確認しながら「すみません、お待たせしちゃって…」なんて言う人を初めて見ましたw


そして13時になり、本番スタート!
アルバムの1曲目、「予感」の曲が流れ終わると…後ろから、

同志「かわいいよー!」
と叫び声が聞こえ、それに戸惑って

すみぺ「す、すぐ曲行くから…」

ってあわあわするのが大変かわいい。


曲の合間合間のMCがとにかく面白すぎました。

すみぺ「新橋SL広場にお集まりの労働者の皆さん、おはようございます、上坂すみれです」

もうね、普通にスーツ着て歩いてるおじさんが笑ってるわけですよ。

すみぺ「革命的ブロードウェイ主義者同盟がSL広場に集まるって、めっちゃタチ悪いですよねー!」

その通りですよ。
この新橋でこんなことしちゃうなんて、最高にロック。
そして再びこのやり取り。

すみぺ「寒くないですか?」
同志「暑いー!」
すみぺ「暑い!?すごい、みんな、目、かっぴらいてますね」

すみぺ「ここにいるとアジテーターっぽいですよね。
よくね、ソ連の書記長もこうやって挨拶してるわけですよ。

京浜東北線をお待ちの皆様、こんにちは~」

すみぺ「ソビエト万歳!」

すみぺの発言はもはやどこからツッコんで良いかわからないし、ホームからノリの良い一般市民が手を振り替えしてくれるし、最高に面白いぞこれ。
秋葉原や中野じゃなくて、新橋って場所がまた最高過ぎる。

また、水を飲むすみぺに対して、お約束の
同志「水おいしいー!?」
って声が聞こえれば、別の方向からダミ声で

同志「おいしいよー!」

とか聞こえるし、みんな訓練され過ぎてる。

ぼくは最初、ニコ生で顔が映るのをイヤがってマスクで顔を隠していましたが、もはや楽しすぎてどうでもよくなり、途中からはずしてしまいました。
スローガンである

「生産!団結!反抑圧!」

を三唱するなんて、もはや完全にヤバい政治団体の集まりですしね。

ラストにシメる時も、「みんなありがとー!」みたいなありきたりの言葉ではなく、
この可愛らしいロリータチックな服を着た女の子は、

「厳しい社会情勢、
吹き荒れる不況の風、
それに負けない同志を、私は心から応援しています」

とか言うわけですよ。
もうハマりますよね。
そして、「解散!」と言って綺麗にシメて去っていく…と思いきや、

「違った!違った!」

と言って可愛く戻ってくるわけですよ。
「写真、撮っていいですか?」
とか細い声で可愛く言うわけですよ。

その後、記念撮影を終えて本当に解散。
上記サイトの写真を見ると、自分も写っているのがわかりました…自分以外には識別できませんが。
わずか30分ほどのイベントでしたが、最高に楽しかったです。
よく公安にマークされてないな、この人!

もう最高に楽しすぎて、案の定ハマってしまったので、
もうその勢いのまま2月11日の「革ブロ総決起集会」に参加してしまうことも決めましたよ…。
建国記念日に総決起集会ですよ…完全にヤバいイベントですよ…楽しみすぎる!
[PR]
# by icemintken | 2014-01-20 00:29
ウチの艦娘、紹介します
2013年もアニメ・ゲーム業界は大いに盛り上がりました。
年々アニメのクオリティを上がっていてどれも面白そうなのですが、社会人にはとても追いつけません。
なので作品を絞って狭く深く楽しむようにしていたのですが、それにしても

・劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語

・進撃の巨人

この二つの盛り上がりは凄かったなと思います。
進撃に至っては、全然オタクじゃない人にはまで浸透し、OPが紅白で歌われるまでになりましたしね。
まどマギに関しては、凄過ぎていまだに何も言わない方が良いのでしょうね。

そしてゲーム業界で一番盛り上がったのは、やはりなんと言っても

・艦隊これくしょん

艦これは、シャッツ繋がりのお友達から話を聞いて存在を知り、
・サーバがパンクしていて新規参加ができない
・「運営は休め!俺たちにどんどん課金させろ!」という熱いユーザが多い
ということを聞き、今まで流行ってきたソーシャルゲームとは違うな、と思い始めてみました。
それまではパズドラさえやったことなかったので、初めてのソシャゲでしたが。

そして7月10日、第2サーバとして呉鎮守府、第3サーバとして佐世保鎮守府が開放された日、
ぼくは佐世保鎮守府に着任して艦隊の指揮を執ることになりました。

・参考までに、現在のサーバリスト
横須賀鎮守府:初期サーバ
呉鎮守府:2013年7月10日実装
佐世保鎮守府:2013年7月10日実装
舞鶴鎮守府:2013年7月17日実装
大湊警備府:2013年8月6日実装
トラック泊地:2013年8月10日実装
リンガ泊地:2013年8月17日実装
ラバウル基地:2013年8月21日実装
ショートランド泊地:2013年8月30日実装
ブイン基地:2013年9月13日実装
タウイタウイ泊地:2013年9月28日実装
パラオ泊地:2013年10月9日実装
ブルネイ泊地:2013年11月6日実装
単冠湾(ひとかっぷわん)泊地:2013年12月2日実装
幌筵(ぱらむしる)泊地:2013年12月12日実装


参戦してからはあっという間に人気が広がり、夏コミの時点で既に大きなジャンルとなる兆しを見せ、
冬コミでは早くも一大ジャンルとして盛り上がったようですね。
来年にはアニメ化も決まっていますし、人気はさらに加速すること間違い無しです。

艦これの何が恐ろしいって、気付いたら日本海軍や戦争について詳しくなってることですよね…。
ああ、今日はミッドウェー海戦があった日か…とか、長門はこんなふうに沈んでいったのか…とか、思いを馳せたらきりがありません。

そんな艦これですが、ウチの艦娘(かんむす)たちをちょっと紹介させてください。
どの子もお気に入りばかりで、「この子が一番!」と決めるのはなかなか難しいのですが…。

・第一艦隊(長門・陸奥艦隊)
b0021565_1649056.png

なかなかバランスが取れているのではないかと思っています。
加賀さんから「五航戦の子(瑞鶴)なんかと一緒にしないで」という不満が聞こえてきそうですが…。

・第二艦隊(金剛・榛名艦隊)
b0021565_16545988.png

金剛四姉妹はみんなカワイイですよねえ。
霧島さんカワイイ!あ、この榛名って子もカワイイ!…やっぱり金剛ちゃんは人気があるだけあってカワイイ!比叡も実はカワイイじゃないか!と、次から次に…。
衣笠さんが入っているのは謎です。

・第三艦隊(霧島・比叡艦隊)
b0021565_1657512.png

まだ育成中の艦隊。
千代田を育てきりたいし、ゴーヤちゃんを一人前にしたいけど、ひょっとしたら流動的になるかも。

・第四艦隊(水雷・駆逐艦隊)
b0021565_16583270.png

吹雪ちゃんから始めたこの艦これ。
いつまでもウチのエースです。
五十鈴は育てきったし、次は夕立を改二にしたいところ。


誰か一人いればいいってゲームではなく、艦隊にして初めて成り立つゲームですから、自然と複数の子に思い入れが湧いてきます。
なので片っ端からグッズなど揃えていきたいところですが、一度買い始めたらとんでもないことになりそうなので…今はなんとか理性で抑えています。

今後もまだまだ艦これにハマっていきそうな予感。

グッズは、アニメ化までなんとか…ああ、でも長門さん…。
[PR]
# by icemintken | 2013-12-31 17:10
ロンドン聖地巡礼の旅8/16(完結)
8/16


帰りの日は朝イチでハイド・パークへ。
コナンでよく「ハイド○○」って地名が出てきますよね。


映画けいおん!で唯が手を突っ込んじゃった犬のフン入れも見れたので満足w
(劇中に出てきたのと全く同じ場所ではないけど)

この日はそのままヒースロー空港へ。
案の定少し出発が遅れたけど、出発してモスクワの空港へ。
そこでボルシチを食べながら次の便を待ち、いよいよ成田へ向かいます。

その中で2回機内食が出たのですが…ビーフかフィッシュか選べたハズなのに、うちらの席に配る頃には「もうこれしかないから」って魚的ななにかを置いていかれましたw
なにこの適当さw
これがロシアの航空会社のクオリティか。


こちら、最後の機内食。
同じく「これしかないから」と配られたのですが、「伝統的なロシアの朝食、雑穀粥」。

一口食べる。

……
………吐いていいですか。

多分、人生でトップ3に入るマズさ。
圧倒的に何の味もせず、マズそうな匂いだけが漂い、塩をかけても改善しないこの物体はなんだ!!

イギリス料理がマズいとか、そんなもんじゃねえ…ロシア料理の恐ろしさの片鱗を味わったぜ…。
(行きの飛行機のロシアの機内食も激マズ)

もう、この写真のままお返ししました。
一緒に付いていたパン、ハム、チーズとかは食べたけどw
あー、早く成田に着かないかなー。

そして15時間ほど飛行機に乗り、ようやく成田へ!
とりあえず早く日本食を食べようよーということで、思い切ってお寿司にしました。
この旅の〆に相応しいな!
そしてこちら。



……
………泣けてくる。
こんなに米って美味しいものなのか。
噛めば噛む程に味が出てくる。
お味噌汁を飲む。
…こんなに繊細な味で出来ているのか。
神過ぎる。
ああ、イギリス料理って案外食べれるじゃん?思ったほどマズくないじゃん?って思ってたのは、やっぱり気のせいだったんだな。
やっぱりマズかったんだなあ…w

日本最高。日本食最高。
日本ってやっぱりいいな、と確認することができた今回の旅行でした。
でも日本の、真夏の電車から降りた時のうだるような暑さと湿気だけにはうんざりしましたがorz

ちなみに日本に帰って最初の夕飯として松屋に行きましたが、「松屋うめー!まじうめー!」ってなりました。
[PR]
# by icemintken | 2013-11-11 00:03
ロンドン聖地巡礼の旅8/15(けいおん!聖地、他)
8/15
オックスフォードの朝、速攻で朝食を食べ、そのままパディントン駅行きの電車に飛び乗ります。
本日がラストなので、朝イチでホームズ博物館に行かないと。
パディントン駅に到着し、駅から徒歩3分くらいのホテルにスーツケースを預けます。
素晴らしい立地!


ラストが一番豪華なホテルにしました。

本日は友人と完全に別行動です。
ホームズ博物館で1時間以上は待つ必要があるだろうから、それに付き合わせるわけにもいかないし。


ということで、2回目のベーカーストリート到着。


ホームズ博物館!

最初にチケットを購入し、1時間ほど並ぶであろう列に並びます。
すると、後ろに並ぼうとした家族連れ(多分中国人?)が何か聞いてきます。
「ここに並べば入れるの?」

なので、先にチケット買ってから並ばないといけないんですよーと答えます。
するとその家族の小学生くらいの娘さんがチケットを買いに行き、列に戻ってくると…何やら手に持っています。
「これ、何?」
と聞いてみると、「ホームズの名刺だよ。一枚あげる」とぼくにもくれました。
おおーありがとうございますっ^^と受け取りました。
後でお土産ショップを覗いてみたところ、誰でも自由に持って帰って良いみたいでした。

予想通り1時間程度待ち、館内へ。


狭い階段を昇って2階に行くと…


ホームズの部屋!!狭い!!
おお…窓が2枚あり、暖炉があり、パイプがあり、薬品があり…これがホームズの部屋!!!
一気にテンションが上がります。






暖炉の上に手紙がナイフで刺さっていたりして、宛先がいちいち気になります。

上の階に行くと、様々な事件に関連する品々が置かれています。


「黄色い顔」


「技師の親指」


「美しき自転車乗り」


「高名な依頼人」


「ノーウッドの建築師」「ボール箱」


「6つのナポレオン」

ホームズファンにはたまらない品々!!


あと、ドラマで演じたのであろうホームズの兄、マイクロフト・ホームズの肖像画があったのもポイント高いですw


いわゆる"少年探偵団"「ベイカー・ストリート・イレギュラーズ」

しかもさらに上の階に行くと、マニアックな蝋人形とネタが!


「ギリシャ語通訳」


ワトスン君w


モリアティ教授。
まさに想像通りの出で立ち。


バスカヴィル家の犬w


アイリーン・アドラー


個人的に一番ツボだった、「赤毛組合」w


辞書のAから紙に書き写しているシーンで、大変シュールw


「唇のねじれた男」


「まだらの紐」


「マスグレーヴ家の儀式」

いや~満足満足!
ホームズグッズもしっかり買い込み、次にタワーブリッジ、ロンドン塔へ向かいました。





ここはやはりロンドンを代表する名所だけあって、凄いたくさんの観光客で溢れ返っていました。
さくっと遠目に見て、テムズ川沿いにロンドン橋まで歩きながら写真を撮っていると…
後ろから、欧米人っぽいリア充カップルに声をかけられました。
写真撮ってくれーとのこと。
何故ぼくは日本でも海外でも写真を頼まれるのかw


LONDON BRIDGEの文字。


ロンドン橋を渡り、横にあるサザーク大聖堂へ。

ここは中を撮影するなら2ポンド寄付してくれ、とのこと。
カメラの残り容量もないから撮らなくていいかーと思い、人の少ない聖堂内で佇み、心が浄化されるような気持ちになりながら、タブレットを取り出しますw

適当に触っていたら、係りの人が来て「ここを撮るにはパーミッシヴな権限が必要」とかなんとか。
OKOK撮ってないですよ、その案内なら見ましたよ、と説明してなんとか疑いを晴らせました(^^;
ちょっとしたやり取りでも英語で全力で考えなきゃいけない、ってのがやはり苦痛に><
そそくさと出て、この旅のある種の最大イベントである、映画けいおん!の聖地、アールズコート駅に向かいました。



けいおん!聖地へ…!
アールズコート駅近辺には目立った観光名所もないので、日本人には一切遭遇しませんでした。
けいおん!の名所が集まってる地域だから、1人くらいけいおん!オタと遭遇しないかな…と思って、1時間以上うろうろしていましたが、日本人とすら遭遇せずw
日本の聖地だったら賑わうのにな…(^^;


そう思いながら、あずにゃんにゃんにゃん、あずにゃんにゃんにゃん…の場所へ。


リサイクリングオンリー!(映画で登場したゴミ箱は撤去されている)


そしてホテル・アイビス・アールズコート!
本当はここに泊まりたかったなあ…。

聖地巡礼者に全く逢わないため、そそくさと撮って退散します。

道歩いてるだけで、車に乗ってる黒人のおっさんに鼻で笑われたりして(明らかに見下す目線だった)、東洋人の扱われ方の一端を感じましたね…。
若干すさんだ気持ちで歩いていたら…噂には聞いていたけど…このカフェを偶然発見!!




けいおん!カフェ!!!
こ、これは中に入らねば…!と入ってみると、いかにもオサレな普通のカフェ?バー?
居たたまれないな…と思っていたのですが、店員のおっちゃんとお兄ちゃんは気さくに出迎えてくれたので、腰を下ろしてアフタヌーンティーとバニラアイスを楽しめました。




テンションが上がって、思わずあずにゃんとパシャリ。

お店のお兄ちゃんに「けいおん!が好きでここまで来たんだよ」と言いたかったのですが、なんかもう…「こいつクレイジーなのか?っつーかジャパニーズみんなクレイジーなのか?」って思われそうなので自重しました。
文化の壁も感じ、聖地巡礼なんてそんなのわけがわからないよ、って思われそうだし。
や、後から思えば絶対そんなことないと思うんだけど、あの時はちょっと疲れていましたね…肉体的にも精神的にも(^^;
なので、こそっとあずにゃんを取り出して撮影するのみとしました。
それこそ、傍から見られたら完全にクレイジーでしたがw

そんな感じでけいおん!聖地巡礼簡易版(一番わかりやすいところだけ)も終わらせ、夜の食事で友人と合流します。
ぼくはこの時点で早く日本に帰りたいよーまともな日本食食べたいよーという状態になっていたので、日本人が経営している日本料理店に向かいました。


ちなみに「米は成田に着くまでとっておけ!」とのことだったので、ここでは豚骨ラーメン!
何故か具が分かれています。
隣の現地のおじさんは、タコを頼んで「なんだこれは…とても食べられねえよ…」って言ってたから、苦手な具があったら入れなくて済むように、との配慮なのかもしれない。

こちらは日本人なので当然全ての具をドサーっと入れてずずーっと食べる。
(゚д゚)ウマー!!
しかも店員の女性もほとんど日本人。
「いやー!日本語が通じるのってこんなに安心するんですね!もうここまで本当に大変でー!」とか、ムダに絡んじゃうくらい日本語のやり取りに飢えていましたw

さくっとラーメンだけ食べてお店を出て、ホテルに近いパディントン駅に移動し、今度は再びイギリスらしいパブというかレストランへ行きました。
日本分はもう十分満たされたw

そのレストランのお兄ちゃんとちょっとお話して、「どこから来たんだい?」と聞かれたので、
「Japan」と答えたところ…

「Japan?そりゃどこだ?South Korea(韓国)だったら知ってるけど違うのか?」

と言われたのが、今回最大のカルチャーショック。
自分の国を「知らない」と、しかも"日本を知らない"と言われることのショックがどれほどのものか、伝わりますかね…。
おそらく、アジアの中心は完全に韓国だと思われています。
だってそこらへんで見かけるテレビも、ほとんどサムスン製でしたしね。
スマホだって、iPhoneかGalaxyか、って感じだし。
かろうじて隣の店員さんが
「Japan?Tokyoなら知ってるよ」
と言ってくれたのが唯一の救い。
これを聞いて、「日本で絶対にオリンピックをやるべきだ」という思いになりましたねw


謎の草の上に乗ってるチーズ。
この草がまた苦い。
食べるの辛いのでチーズで誤魔化しながら食べました。

そしてまたビールを飲んで…イギリス最後の夜は更けていきました。
[PR]
# by icemintken | 2013-11-10 23:53


人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧