HOMEに戻る(ブログのみを御覧の方専用)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

AndroidタブレットとBluetoothキーボードで最高のモバイル環境を!
ひとつ前の記事で7インチタブレット、MEDIAS TABを購入したことを書きましたが、難点がひとつ。

…やはり文字が打ちにくい。

フリック入力も大画面になるため、これに関してはスマホより打ちにくく、長文を打つのが疲れます。
タブレットだとフルキーボードの方が打ちやすいですが、ソフトキーボードだとやはり誤入力が増え、ストレスが溜まります。
なんとかして快適なモバイル生活を実現せねば…。

このデメリットを解消するため、こんな物まで購入してしまいました。
Apple Wireless Keyboard


さらに、キーボードのカバーとしてこれも購入。
Origami Workstation

これは単にカバーになるだけではなく、なんとこうやってタブレットを立て掛けることができます。


…おおお。
自分で言うのもあれだけど、これ凄い良い…。
なんか、最先端のスタイルって感じがしませんか?w
普段はタブレットだけ持ち運び、長文を打つ時だけキーボードを持参する。
しかもタブレット、キーボード、ケースの全てを合計しても700~750g程度。
世間では、Windows8の発売と併せて、モニタとキーボードのセパレートタイプが発売されましたが、ここまで機動性に優れてはいないでしょう。
これで完全にノートPCがいらなくなります。
なんて快適なモバイル生活!

…が、ひとつだけ問題がありまして…。
ぼくにとってこのApple Wireless Keyboardが初めてのBluetoothということで気づかなかったのですが…めちゃくちゃ、無線LANと電波干渉します。
Bluetoothが使用する波長帯が2.4GHz。
無線LANのIEEE802.1b/g/nが使用する波長帯も2.4GHz。
ぐぬぬ、こんな問題があったのか…。

ルータがかなり遠くにあれば気にならないのですが、狭い室内だと、Bluetoothは問題ないのですが無線LANがめちゃくちゃ遅くなります。
じゃあ無線LANをIEEE802.1a(5GHz帯を使用)にすれば良いか、と思ったのですが、このMEDIAS TAB、2.4GHz帯にしか対応していません!
詰んだ!

…ということで、ウェブを見る時はキーボードの電源を切って…という方法でなんとか誤魔化しています。
キーボードは常に使うものでもないしね…。
幸いにも、簡単にApple Wireless Keyboardの電源のON/OFFができるため、そこまでストレスにはなっていません。

この欠点を差し引いたとしても、このモバイル環境が快適過ぎて、数年前に購入したMacBookを起動することが完全になくなってしまいそうです…(^^;
[PR]
by icemintken | 2012-12-09 15:38
<< 初音ミク「ODDS&ENDS」... Androidタブレットデビュー! >>


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧