HOMEに戻る(ブログのみを御覧の方専用)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

初音ミク「ODDS&ENDS」への想い
この曲について語るのは無粋だと知りながら…でも、語らずにはいられない。

ODDS&ENDS

「メルト」「ブラックロックシューター」「ワールドイズマイン」等でお馴染み、supercellのryoさんの曲です。
その歌詞を、↑のサイトからお借りします。

----------------------------
いつだって君は嗤われ者だ
やることなすことツイてなくて 挙句に雨に降られ

お気にの傘は風で飛んでって
そこのノラはご苦労様と 足を踏んづけてった

いつもどおり君は嫌われ者だ
なんにもせずとも遠ざけられて 努力をしてみるけど

その理由なんて「なんとなく?」で
君は途方に暮れて悲しんでた

ならあたしの声を使えばいいよ 人によっては理解不能で
なんて耳障り ひどい声だって言われるけど

きっと君の力になれる だからあたしを歌わせてみて
そう君の 君だけの言葉でさ

綴って連ねて あたしがその思想(コトバ)を叫ぶから
描いて理想を その思いは誰にも触れさせない

ガラクタの声はそして響く ありのままを不器用に繋いで
目一杯に 大声を上げる

いつからか君は人気者だ
たくさんの人にもてはやされ あたしも鼻が高い

でもいつからか君は変わった
冷たくなって だけど寂しそうだった

「もう機械の声なんてたくさんだ 僕は僕自身なんだよ」って
ついに君は抑えきれなくなって あたしを嫌った

君の後ろで誰かが言う 「虎の威を借る狐のくせに!」
ねぇ君は 一人で泣いてたんだね

聴こえる?この声 あたしがその誹謗(コトバ)を掻きけすから
わかってる本当は 君が誰より優しいってことを

ガラクタの声はそして歌った 他の誰でもない君のために
軋んでく 限界を超えて

二人はどんなにたくさんの言葉を思いついたことだろう
だけど今は何ひとつ思いつかなくて だけどなにもかもわかった
「そうか、きっとこれは夢だ。永遠に醒めない、君と会えた、そんな夢」

ガラクタは幸せそうな表情(かお)をしたまま どれだけ呼んでももう動かない
望んだはずの結末に君は泣き叫ぶ 嘘だろ嘘だろってそう泣き叫ぶ

「僕は無力だ。ガラクタ一つだって救えやしない」
想いは涙に ぽつりぽつりとその頬を濡らす

その時世界は 途端にその色を大きく変える
悲しみ喜び 全てを一人とひとつは知った

言葉は歌になりこの世界を 再び駆け巡る君のために
その声に意思を宿して 今思いが響く
----------------------------

最初聞いた時は「ふーん?」くらいだったのですが、歌詞を見て…あまりのリアルさ、ryoさんの、ミクへの想いに涙が止まりませんでした。
あるレビューでは「ボカロ歴が長い人ほど、この曲は危険」と書かれていましたが、まさにその通り。
万人にお勧めできる曲だとは思いません。
ただ、ボカロ歴が長い人には、あまりにも刺さりすぎる歌詞ではないでしょうか。

ryoさんは、上で書いたように、「メルト」を発表された時から次々にヒット曲を連発して、ニコ動で圧倒的な支持を得てきました。

これだけの実力があるなら、プロとしてもやっていけるだろうな。

誰もがそう思ったでしょうね。
そして実際、アニメ「化物語」のED曲「君の知らない物語」でプロデビューしました。
でも歌っていたのはVOCALOIDではなく、実在の歌手であるnagiさん。

当時、かなりの批判があったことを覚えています。

「なんでミクに歌わせないんだ」
「メジャーになったらもうミクはいらないのか」
「所詮ryoにとってボカロってのは踏み台だったんだろ」
など…。
そして、それらの批判ではほぼ必ず、こう言われていました。

「ミクのおかげで有名になれたくせに」

だから、ODDS&ENDSに出てくるこの歌詞は、実際にニコ動で書かれたコメントなのでしょう。
"君の後ろで誰かが言う 「虎の威を借る狐のくせに!」"

おそらく、ryoさんは一時、本気でボカロの世界から離れようとしたのだと思います。
これからは人間のボーカルが歌う曲を作っていこう、と思ったのではないでしょうか。

でも、やっぱりミクへの想いは持ち続けていたんですね。
自分をここまで成長させてくれて、いつも傍で見守ってくれたのはやっぱりミクだった…と。
だから、この曲を書いたんだと思います。
その想いは、先程の歌詞に続くこの歌詞がほんと…ミクへの想いに溢れていて、読むだけでぐっときます。

"君の後ろで誰かが言う 「虎の威を借る狐のくせに!」
ねぇ君は 一人で泣いてたんだね

聴こえる?この声 あたしがその誹謗(コトバ)を掻きけすから
わかってる本当は 君が誰より優しいってことを"


一人のクリエーターと電子の歌姫の物語は、これからも紡がれていくのでしょう。
それを、遠くからですが、ぼくは静かに見守りつつ応援したいと思います。

ミクとこれほどの関係を築きあげられるryoさんに羨望の眼差しを向けながらw
[PR]
by icemintken | 2012-12-15 18:35
<< フォトコンテストでまさかの…! AndroidタブレットとBl... >>


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧