HOMEに戻る(ブログのみを御覧の方専用)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中二病じゃなくても恋がしたくなるアニメ!
自分の中で、今年一番のヒットになりました。

中二病でも恋がしたい!

--------------------------
元・中二病で高校1年生の富樫勇太と、
同学年で現役・中二病の小鳥遊六花を軸として
周囲を巻き込みながら展開していく学園ラブコメディ作品
--------------------------
(Wikipediaより抜粋)

はいはい、ありがちなラノベ設定。
いくら京アニ作品とはいえ、これはスルーしても構わないな。

…そう思っていた時期がぼくにも(ry

特に気にしていなかったのですが、周りから「面白いですよ!」との声を聞き、とりあえず見てみることにしました。

序盤、中二病あるあるネタを中心に展開していき、気軽に楽しんでいました。
京アニならではのテンポの良さはさすが!
現実にはあり得ないほどアホっぽい女の子たちが出てきますが、まあ二次元ならではってことで。
ヒロインの六花(りっか)もあり得ないほど中二病で、このキャラはないわー…と。

そう思っていた時期がぼく(ry

そして序盤の5話のラスト。
六花が、それまでの中二病からは信じられないほどの表情、行動を見せます。
六花って実は物凄く…。

あー…いま、自分の中でスイッチが入る音がしたわー…。

それからはどんどんハマっていきました。
勇太と六花の恋愛を中心に物語が展開していき、二人の惹かれ合う想い…それまでただの中二病キャラだった六花の言動、表情、初めての恋心への戸惑い…。
一言で表すと「ギャップの魅力」ですが、京アニが繊細な表現力を遺憾無く発揮し、それらを丁寧に描ききっています。

悶えそうなほど、見ているこっちが恥ずかしくなりそうなほどのエピソードがいくつかあるのですが、ネタバレになるので書けない!
11話のエピソードも、個人的に心を抉られるし…。

そして最終回の12話。
そんなに物凄い最終回というわけではありませんが、しっかり綺麗に締め括られていました。
凸守の変貌っぷりにちょっと萌えたり、くみん先輩のアレには笑いましたw
最後の最後でくみん先輩が超イイキャラに!

これからの二人のリア充っぷりを想像すると、壁ドンくらいじゃ抑えきれません。
とはいえ、あまりにもさっくりと締め括られてて、若干物足りない!
この物足りないくらいが程よいのかもしれませんが…もっと甘酸っぱいエピソードに悶え死にたいw

とりあえず補完するために、原作を読み始めています。
この作品が京アニ奨励賞を受けただけあって、作者は大の京アニファンらしいです。
そのせいか、随所にハルヒネタが散りばめられています。
って、作者、長門好き過ぎだろうっ!ww
六花の原点は長門や綾波のような無表情キャラのようですが、ぼくは断然六花派です←
「アニメのようなコミカルな内容は少なめで、恋愛要素多め」との評判を聞いているので、アニメとはまた違ったエピソードに悶えようと思います。

今年はほんと、この作品に出会えて良かった!
ものすごく、ピュアな気持ちになれる作品。
オトナのような愛ではなく、子どもの頃のように、純粋に人を好きになれた頃を懐かしく思える作品。

いま中二病じゃなくても、恋がしたくなる……そんなアニメでしたw
[PR]
by icemintken | 2012-12-23 12:29
<< 2012秋アニメ フォトコンテストでまさかの…! >>


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧