HOMEに戻る(ブログのみを御覧の方専用)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

MEDIAS TAB ULが充電できない その2
この前の続き。

最近、バッテリーの減りが激しいMEDIAS TAB UL N-08D。

その真の原因とは…!




と大げさに書きつつ、単純なものでした。

結論から書くと、N-08D用にカスタマイズされたATOKが犯人だと思います。
あえて断定しなかったのは、ちゃんと時間をかけてしっかり調査したわけではないからw
でも、ATOKから他のキーボードに変えたらちゃんと充電できるようになったので、ハズレではないと思います。

調査方法としては単純で、Android Terminal Emulatorを起動し、topコマンドを打って、プロセスが使用しているCPU使用率を監視します。

完全にプロセスが暴走している場合はCPU使用率が100%になってるのですぐわかるのですが、さすがに暴走しているプロセスはありませんでした。
で、キーボードとしてATOKを使用している状態で、何度かtopコマンドでCPU使用率を確認したところ、N-08D用ATOKと思われるプロセス

com.atok.mobile.im.n08d.service

が、CPU使用率5〜12%くらいで推移していました。
文字を入力していないにもかかわらず、この使用率は明らかにおかしい。
ひょっとしてこのせいで、充電しきれなかったのでは。

電力消費量 > 充電供給電力

だったんですね。
ただ、先日のブログで紹介した1800mAの大容量充電器だと、さすがに

充電供給電力 > 電力消費量

になったんですねw

じゃあATOKから他のキーボードに変えてみよう、と思い、Google 日本語入力にしてみました。

変更後に同じくtopコマンドでCPU使用率を見てみると、Google日本語入力のプロセス

com.google.android.inputmethod.japanese

のCPU使用率は0〜5%くらいで推移していました。
これで、以前より「CPUの使用率が減った=電力消費量が減った」ことになり…

実際、今までよりバッテリーの持ちがよくなりました!

しかも、先日まで不完全な充電しかできなかった800mAの充電器を使っても、ちゃんと充電できるようになりました!

これでようやく正常な状態に戻ったわけです(^^;
それにしても、ATOKは一体なんでこんなにCPUを消費するようになったのか…それは謎です。


今回、ATOKだけではなくGoogle日本語入力でも、文字を入力していないのにCPUを使用していることにはちょっと驚きました。
まあ、Googleは裏でいろいろやってそうなイメージですがw
[PR]
by icemintken | 2013-02-28 23:40
<< TOKYO MXが映らなくなった MEDIAS TAB ULが充... >>


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧