HOMEに戻る(ブログのみを御覧の方専用)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ロンドン聖地巡礼の旅8/15(けいおん!聖地、他)
8/15
オックスフォードの朝、速攻で朝食を食べ、そのままパディントン駅行きの電車に飛び乗ります。
本日がラストなので、朝イチでホームズ博物館に行かないと。
パディントン駅に到着し、駅から徒歩3分くらいのホテルにスーツケースを預けます。
素晴らしい立地!


ラストが一番豪華なホテルにしました。

本日は友人と完全に別行動です。
ホームズ博物館で1時間以上は待つ必要があるだろうから、それに付き合わせるわけにもいかないし。


ということで、2回目のベーカーストリート到着。


ホームズ博物館!

最初にチケットを購入し、1時間ほど並ぶであろう列に並びます。
すると、後ろに並ぼうとした家族連れ(多分中国人?)が何か聞いてきます。
「ここに並べば入れるの?」

なので、先にチケット買ってから並ばないといけないんですよーと答えます。
するとその家族の小学生くらいの娘さんがチケットを買いに行き、列に戻ってくると…何やら手に持っています。
「これ、何?」
と聞いてみると、「ホームズの名刺だよ。一枚あげる」とぼくにもくれました。
おおーありがとうございますっ^^と受け取りました。
後でお土産ショップを覗いてみたところ、誰でも自由に持って帰って良いみたいでした。

予想通り1時間程度待ち、館内へ。


狭い階段を昇って2階に行くと…


ホームズの部屋!!狭い!!
おお…窓が2枚あり、暖炉があり、パイプがあり、薬品があり…これがホームズの部屋!!!
一気にテンションが上がります。






暖炉の上に手紙がナイフで刺さっていたりして、宛先がいちいち気になります。

上の階に行くと、様々な事件に関連する品々が置かれています。


「黄色い顔」


「技師の親指」


「美しき自転車乗り」


「高名な依頼人」


「ノーウッドの建築師」「ボール箱」


「6つのナポレオン」

ホームズファンにはたまらない品々!!


あと、ドラマで演じたのであろうホームズの兄、マイクロフト・ホームズの肖像画があったのもポイント高いですw


いわゆる"少年探偵団"「ベイカー・ストリート・イレギュラーズ」

しかもさらに上の階に行くと、マニアックな蝋人形とネタが!


「ギリシャ語通訳」


ワトスン君w


モリアティ教授。
まさに想像通りの出で立ち。


バスカヴィル家の犬w


アイリーン・アドラー


個人的に一番ツボだった、「赤毛組合」w


辞書のAから紙に書き写しているシーンで、大変シュールw


「唇のねじれた男」


「まだらの紐」


「マスグレーヴ家の儀式」

いや~満足満足!
ホームズグッズもしっかり買い込み、次にタワーブリッジ、ロンドン塔へ向かいました。





ここはやはりロンドンを代表する名所だけあって、凄いたくさんの観光客で溢れ返っていました。
さくっと遠目に見て、テムズ川沿いにロンドン橋まで歩きながら写真を撮っていると…
後ろから、欧米人っぽいリア充カップルに声をかけられました。
写真撮ってくれーとのこと。
何故ぼくは日本でも海外でも写真を頼まれるのかw


LONDON BRIDGEの文字。


ロンドン橋を渡り、横にあるサザーク大聖堂へ。

ここは中を撮影するなら2ポンド寄付してくれ、とのこと。
カメラの残り容量もないから撮らなくていいかーと思い、人の少ない聖堂内で佇み、心が浄化されるような気持ちになりながら、タブレットを取り出しますw

適当に触っていたら、係りの人が来て「ここを撮るにはパーミッシヴな権限が必要」とかなんとか。
OKOK撮ってないですよ、その案内なら見ましたよ、と説明してなんとか疑いを晴らせました(^^;
ちょっとしたやり取りでも英語で全力で考えなきゃいけない、ってのがやはり苦痛に><
そそくさと出て、この旅のある種の最大イベントである、映画けいおん!の聖地、アールズコート駅に向かいました。



けいおん!聖地へ…!
アールズコート駅近辺には目立った観光名所もないので、日本人には一切遭遇しませんでした。
けいおん!の名所が集まってる地域だから、1人くらいけいおん!オタと遭遇しないかな…と思って、1時間以上うろうろしていましたが、日本人とすら遭遇せずw
日本の聖地だったら賑わうのにな…(^^;


そう思いながら、あずにゃんにゃんにゃん、あずにゃんにゃんにゃん…の場所へ。


リサイクリングオンリー!(映画で登場したゴミ箱は撤去されている)


そしてホテル・アイビス・アールズコート!
本当はここに泊まりたかったなあ…。

聖地巡礼者に全く逢わないため、そそくさと撮って退散します。

道歩いてるだけで、車に乗ってる黒人のおっさんに鼻で笑われたりして(明らかに見下す目線だった)、東洋人の扱われ方の一端を感じましたね…。
若干すさんだ気持ちで歩いていたら…噂には聞いていたけど…このカフェを偶然発見!!




けいおん!カフェ!!!
こ、これは中に入らねば…!と入ってみると、いかにもオサレな普通のカフェ?バー?
居たたまれないな…と思っていたのですが、店員のおっちゃんとお兄ちゃんは気さくに出迎えてくれたので、腰を下ろしてアフタヌーンティーとバニラアイスを楽しめました。




テンションが上がって、思わずあずにゃんとパシャリ。

お店のお兄ちゃんに「けいおん!が好きでここまで来たんだよ」と言いたかったのですが、なんかもう…「こいつクレイジーなのか?っつーかジャパニーズみんなクレイジーなのか?」って思われそうなので自重しました。
文化の壁も感じ、聖地巡礼なんてそんなのわけがわからないよ、って思われそうだし。
や、後から思えば絶対そんなことないと思うんだけど、あの時はちょっと疲れていましたね…肉体的にも精神的にも(^^;
なので、こそっとあずにゃんを取り出して撮影するのみとしました。
それこそ、傍から見られたら完全にクレイジーでしたがw

そんな感じでけいおん!聖地巡礼簡易版(一番わかりやすいところだけ)も終わらせ、夜の食事で友人と合流します。
ぼくはこの時点で早く日本に帰りたいよーまともな日本食食べたいよーという状態になっていたので、日本人が経営している日本料理店に向かいました。


ちなみに「米は成田に着くまでとっておけ!」とのことだったので、ここでは豚骨ラーメン!
何故か具が分かれています。
隣の現地のおじさんは、タコを頼んで「なんだこれは…とても食べられねえよ…」って言ってたから、苦手な具があったら入れなくて済むように、との配慮なのかもしれない。

こちらは日本人なので当然全ての具をドサーっと入れてずずーっと食べる。
(゚д゚)ウマー!!
しかも店員の女性もほとんど日本人。
「いやー!日本語が通じるのってこんなに安心するんですね!もうここまで本当に大変でー!」とか、ムダに絡んじゃうくらい日本語のやり取りに飢えていましたw

さくっとラーメンだけ食べてお店を出て、ホテルに近いパディントン駅に移動し、今度は再びイギリスらしいパブというかレストランへ行きました。
日本分はもう十分満たされたw

そのレストランのお兄ちゃんとちょっとお話して、「どこから来たんだい?」と聞かれたので、
「Japan」と答えたところ…

「Japan?そりゃどこだ?South Korea(韓国)だったら知ってるけど違うのか?」

と言われたのが、今回最大のカルチャーショック。
自分の国を「知らない」と、しかも"日本を知らない"と言われることのショックがどれほどのものか、伝わりますかね…。
おそらく、アジアの中心は完全に韓国だと思われています。
だってそこらへんで見かけるテレビも、ほとんどサムスン製でしたしね。
スマホだって、iPhoneかGalaxyか、って感じだし。
かろうじて隣の店員さんが
「Japan?Tokyoなら知ってるよ」
と言ってくれたのが唯一の救い。
これを聞いて、「日本で絶対にオリンピックをやるべきだ」という思いになりましたねw


謎の草の上に乗ってるチーズ。
この草がまた苦い。
食べるの辛いのでチーズで誤魔化しながら食べました。

そしてまたビールを飲んで…イギリス最後の夜は更けていきました。
[PR]
by icemintken | 2013-11-10 23:53
<< ロンドン聖地巡礼の旅8/16(完結) ロンドン聖地巡礼の旅8/14(... >>


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧