HOMEに戻る(ブログのみを御覧の方専用)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Kyocera Echo( 4 )
Kyocera Echo、起動しない不具合からの復旧
今回でひとまず、Echoの話は終わりです。

実は前回の方法でroot奪取してから、Android Terminal Emulatorでファイルをいじいじしていたところ、誤ってあるファイルを削除してしまいまして。
決してシステムファイルではなかったんですけどね。
それだけで、Echoが突然再起動して、そのまま前と同じ現象(再起動→Kyoceraロゴ表示→再起動…)になりました。
はっきり言って、Echoのシステム(ファームウェア?それともOS?)はかなり酷すぎます。
たったこれだけで再起不能になるなんて。

あの時は焦りましたねー。
もうroot奪取してるからメーカー保証も受けられない、さあどうしたものか…って。

とにかくたくさん情報を漁りまくってるうちに「なんとかなりそうだ」と思い、丸1日かけてようやく復旧させることができましたが。
その時のメモを記載しておきます。

ちなみに、出来るのは初期化することです(FWやOSは最新ですが)
故障前の状態に戻せるわけではないので、SDカード以外の内部データはすべて消去されます。


■1. Fastboot可能か?
先日の日記でも書きましたが、Echoの電源が入っていない状態で「Volume Up + Home」ボタンの長押しで起動してみてください。
その際、オレンジ色のランプが点いてKyoceraロゴが表示されたままになった場合。
その起動方法をFastbootというようです。
この状態にできた場合、以降の手順を進められます。


■2. CWM & Fastboot用ドライバダウンロード
CWM (ClockWock Mod)というのは、いろんなAndroid機種をリカバリーするツールの名称みたいです。
CWMだけですべての機種に対応しているのではなく、それぞれの機種に対応したCWMが必要みたいですが。
Echoでは、Echo用にカスタマイズされたCWM Recoveryを"SAR Recovery"と呼んでいるようです。

Echo CWM Recovery
上記サイトから、SAR-Recovery1.3.rarとSAR_Recovery_2.0.imgをダウンロードしてください。
(上記ポストがアップデートされた場合、両ファイルのバージョンが異なっているかもしれません)
RARファイルを解凍してください。
ダウンロードしたimgファイルをrecovery.imgとリネームして、解凍されてできたフォルダに突っ込んでください。
その際、古いrecovery.imgを上書きしてください。

また、EchoをFastbootさせた状態でPCにUSB接続させるには、(前回説明した)公式サイトで配布されているUSBドライバでは認識してくれません。
Fastboot用のドライバ?が必要らしいんです。

これを探すのも苦労しましたが…なんと親切なことに、上記のSAR-Recoveryにこのドライバも含まれていることがわかりました。

ということで、必要なツールはこれで揃いました。


■3. Fastboot用ドライバインストール
中にあるm6000_setup.msiがドライバですので、ダブルクリックでインストールします。


■4. EchoをPCに接続
EchoをFastbootで起動させ(起動前はPCから外しておく)、USBで接続します。
すると、「新しいハードウェアの検出ウィザード」ダイアログが表示されるはずです。
ここからはめんどくさいのでスクリーンショット取りました。
以下の要領でドライバを認識させてあげてください。








これが表示されたらひと安心。
「次へ」をクリックしてください。


■5. テーマのダウンロード
このリカバリの方法は、不具合を修正するというより、正常なデータ(ROM)で丸ごと上書きしてやるという方法です。
なので、上書きするためのROMが必要になります。
ちなみに、AndroidではそのROMのことを「テーマ」と呼んでいるようですね。

通常は自分でバックアップを取っておいてそれをリストアするのですが、今回初めてSARというツールを知った場合、バックアップなんて取っていないのが普通だと思います。
そんな方のために、ちょっとカスタマイズされた(でもデータ等は初期状態)テーマが用意されています。
個人的には何もカスタマイズされていないまっさらなテーマが欲しかったのですが、見つからなくて…(^^;
その置き場所がここです。

Na'ven Enigma - The Life Master | Supporter of Hear The Echo

いかにも怪しそうなサイトですが、多分大丈夫ですw
ちなみにBGMがうるさいので止めてくださいw

ここから好きなテーマを選んでください。
ぼくは青が好きなので、guy theme.zipを選びました。

で、これをEchoに刺してあるmicro SDカードのどこかに置いてください。(zipのまま)
置く時は、micro SDカードを抜いて、普通にPCに認識させて…といった手順です。


■6. fastbootツール起動
先ほど解凍したSAR-Recoveryフォルダにある、fastbootツールを使います。
コマンドプロンプトを起動して、SAR-Recovery配下に移動してください。
D:\SAR-Recoveryにあるなら、

D: (エンター)

cd SAR-Recovery (エンター)

で行けると思います。
そして次のコマンドを入力してください。

fastboot devices

次のように表示されたら、Echoが正しく認識されています。

? fastboot

次に以下のコマンドを入力してください。
なおこれは内部データ削除コマンドです。
SAR-Recoveryでは正常な状態をバックアップすることもできますが、その際にこのコマンドを使うとすべて消去されて初期化されるので注意してください。

fastboot -w

次に以下のコマンドを入力します。

fastboot flash recovery recovery.img

これでSARを使用する準備ができました。
以下のコマンドでSARを起動します。

fastboot boot recovery.img

これでEchoでSAR Recoveryが起動したはずです。
2画面開いて、フルディスプレイにしてください。


■7. テーマをインストール
ここでは、Volume Upボタンでカーソル上、Volume Downボタンでカーソル下、HomeボタンでOKを意味します。

"Install from zip file"を選択してください。
次に"Choose zip file from SD card"を選択し、後は先ほどSDカードに置いたテーマのファイルを指定してやれば、後はインストールしてくれます。

インストールが完了したら、トップ画面で"reboot Echo now"を選択してください。
すると、悪夢のKyoceraロゴ画面から進み、起動し、ちょっとカスタマイズされたホーム画面が起動するはずです!


■おまけ. バックアップとリストア
正常に起動したら、アプリも何もデフォルトのままです。
一からアプリをインストールするだけで一苦労です。
もうこんな大変な目には二度と会いたくありません。

ということで、今後は定期的にバックアップを取っておいて、いざという時にSARからサクッとリストアしちゃうのが懸命ですよね(^^;
ということで、バックアップ/リストア方法。

基本的に上記の手段でSARを起動するまでは同じですが、fastboot -wを実行したらデータがすべて消えるので実行しないでください。(一度やってしまいました)

SARトップ画面で"Backup and Restore"を選択してください。
後は各々の用途でBackupなりRestoreを選択してください。
それだけですw
バックアップしたら、日付けごとに作られるようです。
非常に簡単なので、定期的にバックアップしておきたいものですね…(^^;
[PR]
by icemintken | 2012-01-23 21:53 | Kyocera Echo
Kyocera Echo、root奪取方法
またKyocera Echoのお話。

今日はroot奪取の方法について説明します。

Echo買ってから知ったのですが、同じAndroidとはいえ機種ごとにroot奪取の方法が違うのですね…めんどくさい。

実行環境ですが、System Update前のAndroid2.2でも実行可能だと思いますが、ぼくが試したのは以下の環境です。

Software Version: 2.002SP
Android version: 2.3.4

■1. USBドライバのインストール
EchoをUSBケーブルでPCに接続するため、公式サイトのhttp://www.echobykyocera.com/support/downloads/からUSBドライバをダウンロードしてインストールします。
上記サイトの"USB Installation Guide"のPDFファイルの指示に従ってUSBドライバをインストールします。


■2. "Hear the Echo - Kyocera Echo Forums"への登録
root奪取ツールをはじめ、Echoの情報が集まるフォーラムサイト、Hear the Echo - Kyocera Echo Forumsに登録します。


■3. root奪取ツールダウンロード
登録したら各種ポストを参照できるようになるので、"Forums" -> "Echo Development"の中の"Sticky: Saridnours "One Click" Rooting tool"というポストを見ます。

ポストのトップからEcho_RootMe.rarをダウンロードし、解凍します。


■4. EchoをPCに接続
Echoを起動済みの状態で、USB debuggingモードを以下の方法でONにします。
"Settings" -> "Applications" -> "Development"のUSB debuggingにチェックを入れてください。

EchoをUSBケーブルでPCに接続すると、Echoの画面に"Choose a connection type."と表示されるので、"Charging only"を選択します。


■5. root奪取!
ダウンロードしたフォルダ内のRootMe.batをダブルクリックで起動します。
後はこのバッチファイルの指示に従うと、PCのコマンドプロンプト画面に「何かキーを押してください」と表示されるはずです。
何かキーを押し、しばらくすると、Linuxなどで見慣れた以下のプロンプトが表示されます。

$

Echoが再起動完了したことを確認します。
PCのプロンプト画面でsuコマンドを叩くと、Echoの方で何かダイアログが表示されるので、Allowをタップします。
するとPCのプロンプトが

#

になります。
これでroot奪取は完了です!
万が一suを実行してもPermission Deniedとか表示されたら、もう一度USBでEchoを接続するところからやり直してみてください。
2度目で成功することもあるようです。


以上です。
root奪取して、フォントインストールなどrootならではのカスタマイズをしちゃいましょう^^
[PR]
by icemintken | 2012-01-21 23:01 | Kyocera Echo
Kyocera Echo、アップデートの不具合
(2012年1月23日、追記)

入手したことを先日報告した、Kyocera Echo。
この端末を使い始めてからというもの、トラブルの連続です。
しかもアメリカ端末だから当然、日本語の情報がほとんどありません。
みんなして「買ったよ!」って報告しかないんだもんw

ということで、メモがてらKyocera Echoのアップデート時に生じた不具合について、報告します。

まず、Echoを手にして最初、充電しながら起動しました。

1.アクティベーション
すると、キャリアの電波を探してアクティベーションしようとします。
が、日本は当然、EchoのキャリアであるSprintの圏外ですので、これをキャンセルします。

2.WiFi接続
起動完了後、WiFi接続をしてネットワーク環境を確保します。

3.OSバージョン確認
次に、「Setting」->「About Phone」を見てAndroid OSバージョンを確認します。
この時、初期状態だと2.2.xが入っていると思います。

3.システムアップデート
ひょっとしたらWiFi経由でアップデートできるんじゃない?ってことで、「System Update」を実行します。
かなりたくさんのアップデートがあると思います。
これを実行し、再起動を促されたら再起動し、またSystem Updateを実行…を繰り返します。

4.システムアップデート(OSアップデート)
システムアップデート中、Android OSを最新の2.3.4にしようとします。
ダウンロード完了し、インストール完了し、再起動すると…



5.悪夢
起動しません(ぇ
正確に言うと、最初のKyoceraのロゴが表示され、暫くすると電源が切れ、またKyoceraのロゴが表示され…というループになります。

さあ困った。
散々復旧方法を探しましたが、ネットで調べても「EchoにはFactory Resetする方法が無い。Sprintのショップに持っていくしかない」という回答のみ。
え、アメリカまで行けってこと?w

一応、「Volume Down + Homeボタンで起動させたらFactory Resetできる」って情報はあるのですが、実行できたことがありません。

なお、運が良ければ「Volume Up + Homeボタンで起動させたら、オレンジのランプが光って起動し、Kyoceraロゴのまま止まった」という現象が起こるかもしれません。
その場合はおそらく復旧できます。
(追記)
この日記を参照してください。


さて、ぼくは当初「Volume Up + Homeボタン」による起動方法を知らなかったため、復旧させる手段がまったくなくなってしまいました。
そこでぼくが取った手段は。

・米Kyoceraにヘルプメールを送る 
 →「Sprintに連絡してくれないか?」
・Sprintにヘルプメールを送る
 →「アメリカ国内しかサポートできないんだ。Kyoceraに連絡してくれないか?」
・再度、米Kyoceraにヘルプメールを送る
 →完 全 に シ カ ト

さすがにシカトって酷くないですか?
完全にあっちが悪いんだし…と顧客対応を愚痴っても仕方ない。
かくなる上は、英語がペラペラの友人に頼み込み、米Kyoceraに直接電話しましたよ!
時差があるので、日本時間の午前2時なんて時間に電話しましたがw

こっちの状況を的確に伝えてくれ、かなり時間がかかりましたが、最終的に「修理センターに送ってくれ。国外からでも対応可能だ」という返事をいただきました。
もう、友人には感謝してもしきれないです><

ということで、最終的に「NYの修理センターまで送り、メールでちょこっとやり取りして1ヶ月ほど待つ」という方法で、執念で直しましたよ…。

無事に手元に戻ってきた時はもう、歓喜でしたね。
OSバージョンを確認したらちゃんと最新の2.3.4 (Gingerbread)になってたし、今度こそもう大丈夫です!


以上が、起動不能になったEchoの対処方法でした。
もし同じ状況でお悩みの方がいらっしゃったら、参考にしてください。
[PR]
by icemintken | 2012-01-19 22:36 | Kyocera Echo
Androidデビュー!
ついにぼくもAndroidを購入しました!

とは言っても、スマホとしては使っていないのですが(^^;

電話とメールは今までのケータイで行って、ネット専用端末としてAndroidを使うことにしました。
ネット接続には、イーモバのPocketWiFiを使っています。

今回購入したのは、この端末。



さあ…どこの端末でしょうw

これは、Kyocera製のEchoという端末です。
京セラがアメリカのSprintというキャリアのみに販売しているもので、日本ではWiFiしか使えません。
ヤフオクで入手しました。

この端末の最大の特徴は…



ガチャッ。



ガチャン!
なんと、2画面にしてタブレットモードとしても使えるんです。
アプリを1画面として開くことも、2画面として開くこともでき、大画面でのネットサーフィンなどを楽しめます(^^)

実はこの端末が届いたのは昨年の11月下旬。
1月になってまともに使えるようになるまでに試行錯誤あったのですが…それは次の日記で書くことにします(^^;

今回Androidを購入したことで、普段持ち歩いている端末はこんなにたくさんになりました。



左からPocketWiFi、iPod touch(音楽専用)、Kyocera Echo、auケータイ(京セラのガラケーw)。


auとイーモバの2つを契約していることになるのですが、これが実は、auでスマホを使うより安いんですよ。

■auで最新WiMAXスマホを購入した場合:端末の月賦代込みで月額9000円ちょっと。
■au+イーモバ(4G定額プラン):月額6600円ほど。

auのプランをもっと安くすればさらにお得なので、1つのキャリアで全てをまとめようと考えている人には、いろんなプランを組み合わせて検討することをお勧めします(^^)
[PR]
by icemintken | 2012-01-09 20:51 | Kyocera Echo


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧