HOMEに戻る(ブログのみを御覧の方専用)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「けいおん!MUSIC HISTORY'S BOX」発売記念イベント、「K-ON!HISTORY'S TALK」
「けいおん!MUSIC HISTORY'S BOX」発売記念イベント、「K-ON!HISTORY'S TALK」に行ってきました!

これが、ぼくが参加する最初にして…おそらく、最後の公式けいおん!イベント。
残念ながらぼくは抽選を外してしまったのですが、友人の友人が当ててくれてなんとか参加することができました。

"聖地"豊郷小学校のオンリーイベントにはこの前のGWに参加したのですが、公式になると規模と熱気が違いますね。
会場前の行列に、開始前から徐々にテンションが上がりました。

16時頃、ほぼ定刻通りに照明が落ちて、わあっ、とみんなのボルテージが一気に上がります。

ステージに現れるメイン声優5人…そして始まる生アフレコ。
「もうすぐロンドンだねえ」といったような、いつもの放課後ティータイムのやり取り。
テレビ越しに聞きなれた唯、律、澪、紬、梓の声が、目の前の5人から聞こえてきて、ぞわっと鳥肌が立ちました。

改めて聞くと、特に唯の存在感が尋常じゃないです。
唯とは全然雰囲気の違う豊崎さんからあの声が出てくる、というのがなんというか、他の人では絶対に真似できない超ハマり役だな、と思えました。
もちろん、他の4人も代えなんて絶対きかないのですが。

そして始まる「らじおん!」公開録音。
そう、今回のイベントは、けいおん!のWebラジオ「らじおん!」の公開録音3回分を兼ねているのです。

第一回目のコーナーは、当時のらじおん!でもやっていたという、全国のご当地をクイズ形式で紹介して、正解した人がその土地の名物を食べられるというもの。

一問目はしゅが(佐藤さん)が正解。
いま原宿で人気だというポップコーンを一口食べて、大変嬉しそう(^^)

二問目はあやち(竹達さん)が正解。
ナントカっていうお饅頭を一口食べて、同じく大変嬉しそう。
その後、次の問題に移ったためスタッフがそのお饅頭を下げようとしたところ、あやちが断ってなんだか異変が。
なんだろう、と思ったら、あやちがまだ一口しか食べてないから下げてほしくなかった!もっと食べたい!ってことらしかったw

その後も何か食べてたし、最後は宇宙食をしゅがにもらってたし、あやちは終始食べてばかりだな!w
さすが、肉への愛を歌ったあやちの食欲は伊達じゃない(^^;

何問目かのクイズ「群馬の市で、日本最高気温を記録したのは何市?」で、自信を持って「はい!」と手を挙げた豊崎さん。
おお、これは知ってるのか!と思っていたら、「くま、が付くでしょ?」とドヤ顔。
この人、絶対「熊谷」って答えようとしてるー!
県も違う回答にみんな爆笑。

そんな感じでらじおん!公開録音第一回終了。

第一回と第二回の合間には、「あの頃のチームワークを取り戻そう!」と、牛タンゲームならぬうんたんゲーム。
最後の最後に見事なチームワーク?を発揮してなんとか成功w


らじおん!公開録音第二回。
けいおん!イントロドン!
全曲の中からイントロだけで曲名を答えるコーナー。
まず最初は「ふわふわ時間」!
これは余裕の正解。

「ぴゅあぴゅあはーと」のイントロで豊崎さんのターン!
これはさすがにわかるな~と思っていたら、
「えーっと…えーっと…」
とまさかのわからない様子に、会場からは「ええええええええ」のブーイングが。

「私の恋は…ホッチキス?」

との回答でさらにブーイングが大きくw
その後ちゃんと、しゅが(だっけ?)が答えていましたが(^^;

ラストの問題では一瞬だけジャジャーン、と音が流れて、これにはぼくも「?」となってしまいました。
5人もわからない様子。
そこでもう少し長めにイントロが流れ、そこでぼくも「ああ、校歌か!」と気付いたのですが、それでも5人はわからない様子。
延々とイントロが流れ、それでも5人とも全くわからないようで会場からは謎の手拍子がw
ようやく歌が始まったところで、しゅがが「こう…か?」と答え、ようやく正解。
「違うよ!あまりに良い曲だったから聞いていたかったんだよ!」とフォローしていましたw

そんな感じでらじおん!公開録音第二回終了。

第二回と第三回の合間には、動物の鳴き声を真似て当てるゲーム。
豊崎さんのフクロウだけ難易度が高いw


らじおん!公開録音第三回。
けいおん!名場面プレイバック!
5人それぞれが選ぶ名場面を紹介していくコーナーでしたが、これは危険過ぎる。主に涙腺が。

まず、あやちが選ぶ第一位の名場面は…卒業式の後、あずにゃんに「天使にふれたよ!」を歌うシーン。
あかんー!これはあかんー!崩壊するー!
5人の姿も素敵過ぎるんだけど、廊下でさわちゃんが待ってる姿がなんだかもう、胸がきゅんと締め付けられる…!!

次に寿さんが選ぶ第一位の名場面は…第一期の最終回、学園祭のライブの最後、「ふわふわ時間」を歌い終わった…と思った時、ムギちゃんがキーボードを叩いて「もう一回!」を促すシーン。
これもあかんー!はい崩壊したー!;;;;;;;;
5人が輪になって演奏しているシーンは、 なんだろうね、もう、これこそまさに青春って感じですよね。

次、しゅがが選ぶ第一位の名場面は…これは意外(?)の、第一期の「冬の日」。
知らない誰かがラブレターチックな歌詞をくれたと勘違いしたりっちゃんが、アンニュイな表情で
「切り揃えた髪が とても似合ってる
でも前髪を下した きみの姿も見てみたい」
と歌詞を読み、鏡の前で髪を下ろし、ワックスを前髪に付けて

「…おかしいし」

と笑うシーン。
しゅがが「このシーンで、みんなが『おかしくねーし!』って言ってくれてるってのを風の噂で聞きまして…それをやってほしいなと」
うおおおおお、と会場中が盛り上がります。
そしてしゅがが生で
「…おかしいし」
と言い、みんなが全力で
「おかしくねええええええしいいいいい!!!」
と返しました。
さっきまでの涙腺崩壊が嘘のようw

日笠さんが選ぶ第一位の名場面は…第一期の「ピンチ!」。
風邪をひいたりっちゃんの家に澪がお見舞いに行くシーン。
「澪を語るには律が必要なんです!」と熱く語る日笠さんに、しゅがも「律を語るにも澪が必要なんです!」と返し、会場から拍手。
このコンビは本当に好きだー!

ラスト、豊崎さん。
第一位は…劇場版のラスト、屋上で「わーーーっ!!」と駆け出すシーン。
このシーンも本当に名場面過ぎて、完全に演出の勝ちですよね…。
なんだろう、この清々しいまでの青春。
謎の涙腺崩壊現象が発生します。

そんな感じで最後の公開録音も終わり、これでラスト…と思っていたら、なんとサプライズが!
監督、山田尚子さんから出演者へのお手紙!

豊崎さん以外に知らされていなかったようで、これにはみんな本当に驚いていました。

お手紙には、けいおん!オーディションの時からの思い出が綴られていて、
言葉のひとつひとつに心が込められていて、
豊崎さんの語り方も本当に心が込められていて、
特に、しゅがが物凄い号泣していました。
もうね、こっちも泣くしかないですよね。
会場ではあちこちからすすり泣く声が聞こえてきました;;

そんな感じで、今度こそイベント終了。
全体的にすごく温かい雰囲気で、
特に、豊崎さんが
「なんかみんなとの距離が遠いよね。普段、もっと近いよね」
と、5人がステージ中央にこじんまりと集まる姿が本当に微笑ましくて、けいおん!の関係性そのままだなあ、と。
このイベントの温かさをそのまま表しているなあ、とこちらも温かい眼差しで眺めていました。

イベントエンディングのBGMは、やっぱり「ふわふわ時間」。

幕が完全に降りて、みんな帰りつつあったけど、それでも全員で

「ふわっふわったーぁいむ!!ふわっふわったーぁいむ!!」

と大合唱できたのは、とても心に残りました。

ここにいる全員が、心からけいおん!が大好きなんだなあ!ってのを凄く感じました。

正直、アニメ放送の時はここまでズブズブにハマってなかったのに…やっぱり聖地巡礼効果ですかね。

こんなに好きになれて本当に良かった。

何回でも見返したいと思えるアニメに、いつまでも聞いていたいと思える音楽に出会えて本当に良かった。

「いつかまた、同窓会のように集まってライブをやりたいね!」と話していましたが、ぼくはそれをずっと待っています。

それまでずっとけいおん!のことは好きでいるし、あずにゃんのことも好きでいます!



けいおん!だいすきー!!!
[PR]
# by icemintken | 2013-06-17 23:00
誕生日をシャッツで過ごすということ
(本当は3月に書き上げる予定でしたが、Evernoteの片隅に埋もれていたのを発見しました(^^;
ということで、以下は3月の出来事です)


先日、3/16は誕生日でした。
もう冗談抜きでアラサーになってきてどうしようって感じですが、その日にまたいつも通りメイド喫茶(いつも通りシャッツキステ)に行ってきたわけで、本当にどうしよう。

シャッツ→ほっちゃんライブ→またシャッツに帰宅

という、ある意味最高の誕生日でした><

ほっちゃんライブは先述したように最高のものでしたが、シャッツもまた最高でしてね。

まず1度目の来店時。
モモさんに会計をしていただき、その時ちょろっとアピールしてしまいました。

「実は今日、誕生日なんですよ」

そしたら

「そうなんですかっ!?おめでとうございます!どうしてもっと早く言ってくれなかったんですかー!」

と言ってくれ、さらにキッチンにいらっしゃったミソノさんに向かって

「ミソノさん!今日お誕生日なんですって!」

と叫んでくださってw
ミソノさんがキッチン奥からわーっとお祝いしてくださり、周りのお客さんもわーっとお祝いしてくださり、(大変申し訳ない気持ちになりつつ)そのままほっちゃんライブへと送り出してくださって、大変ほっこりとしました。


そしてライブ後、
この興奮を語りたい!
新サイリウム"フリフラ"(前述の日記参照)の魅力を語りたい!

と思い、どうしてもそのまま帰れず再びシャッツへw

すると、またモモさんが迎えてくださり「お帰りなさーい」と。
ただいまですー。
シャッツで「お帰りなさい」と言ってくれるのは相当にレアなイベントです。
そして「お誕生日なんですよね~」と他のメイドさんやお客さんにご紹介してくださり、またわーっとw
なにこれすごい嬉しいw


そして次の日…今度は友人とシャッツへw

すると、たまたまぼくと同じ誕生日の方が(その方とはいろいろご縁があるのですが)お祝いしてもらってるところでして。
ぼくが席に着くと、その方に「あちらも同じ誕生日ですよー」と言われまして。
また、わーっとw
なにこれすごい嬉しいw

で、そのお祝いされてる方をよく見ると、ロウソクが刺さったシフォンケーキをいただいてるじゃないですか。
なにそのサービスw

「こんなのもあるのか」と孤独のグルメ風に見ていると、ニケさんがさささっとぼくの前に来て、満面の笑みで「ご用意できますよっ^^」と仰ってくれました。
物凄く小悪魔チックな、今までに見たことないほどイイ笑顔をされてましたw
そしたらもう、注文するしかないですよね(^^;
そして暫く待ち…キッチンの方をチラッと見ると、レイラさんが物凄く頑張っていらっしゃる!
これは凄い力作の予感…!

そして運ばれてきたのがこちら。



おおお、ロウソクが2本にバージョンアップしてる…!
顔までついてるっ!

しかも驚いたことに、このシフォンケーキ、ニケさんが「あちらのお客様からです…」と言って持ってきてくださったんです。
またまたー、タイミング良くニケさんはうまいなあ。
くらいに思っていたのですが。

会計の時、シフォンケーキ代が含まれていないことに気付きまして。

「あれ?シフォンケーキ食べましたよ?」

と言うと、「先程のお客様からなので…」と言われて、あれって本当だったのか!といろんな意味で大変驚きました。
ちなみにそのお客様とは、ぼくと誕生日が同じだった方。

皆さん、揃いも揃って粋過ぎますよ…!!
もちろんその後、その方にはお礼を言いまくりましたw

こんなプチサプライズが起こるのも、シャッツならではの温かさ。
今年の誕生日もまたシャッツで過ごしたわけですが、またひとつ、ほっこりとした思い出ができました^^
[PR]
# by icemintken | 2013-05-18 18:01
聖地巡礼:中二病でも恋がしたい!&けいおん!
去年に引き続き、今年のGWも聖地巡礼してきました!\(^o^)/

去年行ったのはけいおん!の聖地、滋賀の豊郷にある豊郷小学校。

今年目指したのは…去年ハマりにハマった「中二病でも恋がしたい!」の聖地!
これがなんと、同じ滋賀にあるとのことでして。
じゃあ中二病の聖地とけいおんの聖地を同時に巡礼できちゃうのか。滋賀始まったな!

というわけで、去年に続き、再び滋賀まで行ってきました。
2年連続でこんなことができるのも、けいおん聖地から車で10分程度の場所に住んでるネ申がかった友人のおかげやーw

中二病聖地を目指す前に、まずはお参り的な意味も込めて豊郷小学校。

見える…けいおんの5人が歩いているのがぼくにも見えるぞ…!(幻覚)


併設してるけいおんカフェ、展示されてるグッズが去年とはちょっと違っていました。


奥の階段、去年は昇ることができなかったんですけど、今年は昇れるようになっていました!
螺旋階段!
この階段はアニメにも登場しています!


上から眺めた様子。
アニメでは図書館になっていたと思います。


等身大パネル。
お、お持ち帰りしたい…!

時間も時間なので、豊郷小学校から離れて中二病聖地を目指します。
車で40分くらいでしたっけ?
友人が事前調査してくれてたのがだいぶ助かりましたw

豊郷小学校があるのは「豊郷町」なので、かなり田舎だなーと思っていましたが…中二病の舞台となった学校「旧鎌掛小学校」があるのは

村!

でした。
まさに村…まさにド田舎。
豊郷が都会に思えます…!


そして旧鎌掛小学校。
めちゃくちゃボロい(^^;
木造校舎の2階左側が「極東魔術昼寝結社の夏」の部室となっていますw
そして目の前にはプール掃除の回で登場したプール!


ここの再現度もすごい!


部活勧誘の場。
有志による再現がww


校舎の廊下の掲示板に貼ってある写真。
アニメの一場面ですが…


おおお!


体育館。
ここから2階のバルコニーに上がることができ、勇太が入学式早々に恥ずかしいセリフを叫んだ場所に出られますw


外から見た様子。
六花がアホ毛を揺らしながら見上げていた光景が目に浮かびます。


そしてこれが部室!
おおお、すごい!有志の皆さんすごい!
しかも、床の魔方陣…なんとこれ…


すごいデース!
マスター!すごいデース!
光るデース!

ちょうど誰もいなかったので、「早く今のうちに中二っぽいポーズを!」とか言って遊んでいましたw


学校から離れ、車で2時間くらいかかったでしょうか…。
渋滞に巻き込まれながら、アニメで再三にわたって登場する重要シーンに到着しました。


反対側。
夕陽がまぶしいぜ…(棒


これ!
この橋!
OPで勇太と六花が手をつないで「♪あ~た~ら~し~ 世界へ~♪」の場面で登場する橋デース!

あと、ぼくが大好きな5話、勇太が六花にエレクトロプロトコルコード(メールアドレス)を与えた場面でもあります。


メアドを受け取った六花は嬉しさを押し隠してこの堤防を走り…
勇太に「ありがとう」とメールを送り、
くるっと振り返って最高に可愛すぎる、女の子らしい笑顔を始めて見せるわけです。

はい落ちたー。(恋に)

さすがにこの場所まで来ると、ぼくたちと同じように聖地巡礼に来てる同志は見かけませんでしたね。
メインとなる学校からもかなり離れていますし…(^^;

こんな感じで中二病聖地巡礼は完了しました。
えーと…実はデスね。
最重要ポイントである「告白の橋」もここだと思っていたのですが…実は、それはもうひとつ隣の橋だということに後になって気付きました/(^o^)\(写真の奥に見える橋)
なんたる失敗/(^o^)\
まあ、めでたくアニメの二期も決まったわけだし、また来ればいいか←


そして次の日はもうひとつのメインイベント。
豊郷小学校で開かれるけいおん!オンリー同人誌即売会「桜高新入生歓迎会3じかんめ」に行ってきました!

聖地で開かれるオンリーイベント…これほどファンに嬉しいことってないでしょうねー。


ぶしつ!


こうどう!
有志によるバンド演奏。
まあ、けいおんだけじゃなくてハルヒの曲などもあったんですけど、この場所で音楽を楽しめるなんて…!


校庭はこんな感じで、終始和やかな雰囲気でした。
でもコスプレは…唯もりっちゃんもムギも澪もあずにゃんも、六花でさえも…なんで男しかいないんだー!だー!だー!
ま、最後には慣れてきた自分がいましたけどね(^^;

イベント終了後、アフターイベントとして講堂で行われた大抽選会…。
抽選だけで1時間半とかどういうこと?絶対すぐ寝るわーって思っていましたが…超楽しかったです。
たくさんのサークルがプレゼントを出してくれて、どれもクオリティ高くて。
そりゃ欲しいわ。
抽選であんなに盛り上がるとは思いませんでしたよ。
あずにゃんグッズの時のみんなの「うおー!あずにゃーん!」って叫びが一体感ありすぎて最高w

アフターイベントの最後には、恒例らしい「勇者誕生の儀式」。
じゃんけんで勝ったら等身大パネルをその場でお持ち帰り!という、ある人にとっては天国、ある人にとっては地獄なイベント…!

長崎まで飛行機で帰った人…どうやってパネルを持って飛行機に乗り込んだのかなあ。
青森から車で来た(!)人…ちゃんと無事に帰れたかなあ。

電車で来た人は、豊郷駅で早々にこんな羞恥プレイを受けることになります。


これぞ勇者…!


その後は、友人だけで集まって"放課後焼肉タイム"!
近江牛はいつ食べても(゚д゚)ウマー

遊んで良し、食べて良しの滋賀にまた行きますよ~!
[PR]
# by icemintken | 2013-05-13 23:47
PCの新調
5年ほど前に自作したPCの調子が悪く、GW前に思い切って新調しました。
今回はかなりパワーアップしました!
以前のスペックは

Windows XP
デュアルコアCPU
メモリ2GB
HDD500GB

今となっては型遅れな感じですが、当時はもちろん最新スペックでした…(^^;
今回新調したPCのスペックは、以下の通り。

OS:Windows7 64bit
CPU:Core i5 3350P(4コア)
メモリ:8GB
HDD:2TB SATA600 7200(東芝:DT01ACA200)
マザボ:GA-Z77M-D3H-MVP/A
光学ドライブ:BD Drive(BDR-208DBK)
グラボ:GeForce GT520 1GB
ケース:LIANLI M-ATXキューブケース ブラック PC-V355B

4コアCPUに8GBメモリ、なんて一昔前のスパコン並ですよね。
これなら64bitデビューしてもなんら問題ないです。
常時2.5GBくらいメモリを消費してるけど、まだまだ余裕があってどんな動作もサクサクです。

お金にもうちょい余裕があったら、安くなってる64GBのSSDを購入して更なる高速化に挑戦したかったんですけど…ちょっと高いケースを買ってしまい、余裕がないので断念しました。
次回自作する時は、SSD必須ですな。
[PR]
# by icemintken | 2013-05-13 00:14
春は別れの季節
春は別れと出会いの季節と言うけれど、今年の春はただひたすらに別れの季節でした。

出会いというのは一年中、季節に関係なく転がってたりするけど、別れが集中するのはやっぱり春。


ひとつめは、ここ3年ほどとても仲良くしてくれた友人との別れ。
オタク同士の繋がりとして知り合ったのですが、「この人ならシャッツをわかってくれそう」と思い、3年前のシャッツのクリスマスコンサートに連れて行きました。
そしたら結構気に入ってくれたようで。
それが縁で、去年シャッツで「秋の手作り市」という、お客さんの手作り作品を展示するイベントがあったのですが、その子はそれに参加してくれました。
ぼくからも「こんな展示があったら面白いんじゃないかな!」と提案して、メイドの皆さんや他のお客さんにも驚いてもらえる展示をすることができ、その片棒を担ぐことができてとても嬉しかった。

その子の繋がりでアニソン系ダンサーの女の子と知り合い、ぼくが通ってるボイトレスクールの発表会に参加してもらい、ステージで発表したこともありました。
歌にダンスに猛特訓、というあの青春の日々は、社会人になってなかなか経験できるものではありませんでした。

その子は趣味でマジックをやっていて、その子が所属する団体の発表会を何度か見に行ったこともあります。
趣味の範囲なら結構緩いのかな、と思っていたらかなり本格的なステージで、300人ほど入る会場が満席になる大盛況ぶりでした。
本格的に趣味を極め、あんな大勢の前で発表できるその姿に、人として憧れました。

オタク繋がりのたくさんの出会いをくれ、いろんな場所に遊びに行き、仕事帰りにタイバニの映画を見に行っては「ちょっと微妙だったね」とお好み焼きを食べたのも良い思い出です。

でも…その子は、地元の西の国へ帰ってしまいました。
「kenさんとの思い出はすごく濃かった」とその子が言ってくれたのが何より嬉しかったです。
ああ、そう思ってくれてたんだなあ、って。

距離が離れたからって、今生の別れじゃない。
これからも末長く友達でいてほしい、そう思える人ってそうそういない。
特に女性との友情って、とても貴重だと思う。
何年か経ったあと、飲みながら「こんなこともあったね」と懐かしく思い出を振り替えれる…そんな関係になっていけると確信できる、本当に素敵な出会いと別れでした。



ふたつめは、シャッツのメイドさん。
春に退職されることが多いのですが、今回はモモさん、ロクムさん、ソフィーさんの3名。
3人とも長くシャッツを支え、特にモモさんはシャッツキステ第2章開幕当時からシャッツを支えられてたので…この旅立ちは、シャッツにとっても、我々お客さんにとっても寂しいものとなりました。

個人的には、ロクムさんと話すことが多かったので…寂しかったです。
去年の年末、お客さんも少なくまったりした館内で、二人で延々と他愛ない話をしたのが良い思い出です。
いつも賑やかなロクムさんにしては珍しく「ああー…なんか物凄く寂しいです」とか言っていたり。
「こういう寒い日にはー…」とか。
そういう何気ない思い出が、後になって大切になってくるんですね…。

でも今回の3人の別れで、一番ぐっと来て泣いてしまったのは、モモさんですね。
最後の勤務の時にモモさんがお手紙を読んだのですが、モモさんって言葉の選び方が本当に天才的で、他の人が真似できないようなセンスを持っているんです。
いつも「ほわー」っとしたようなモモさんが手紙を読んで、

「メイドたちと面白いことがあったり、面白い映画があったりすると、シャッツで皆さんにお話しようということばかりいつも考えていました。
いつも無意識に面白いことを探して、皆さんにお話ししようと思っていました。
これからは……そういったことを……どこでお話したらいいのか……っ」

と号泣しながら言葉に詰まる姿を見て、もらい泣きしない人がどこにいますか(T-T)

メイドの皆さんへもお手紙を読んでいて…言葉ひとつひとつにその人への想いが込められていて、みんな号泣です。
旅人へのお手紙の一部は、こちらから↓
はじめてお手紙を書きます




みっつめは、お仕事です。
今までいた部署が分離し、働く場所も変わりました。
部長も変わりました。

いつも気兼ねなく話していた後輩と離れたことももちろん寂しいのですが、その部長の下にいられなくなってしまう、ということがとても寂しかったです。

実は去年、いろいろうまくいかなくて転職まで考えて、公務員の採用ページなんて見ていた時期もあったのですが(苦笑)
そんな時、何の前触れもなく部長の元に行き
「すみません、ちょっと個人的にご相談があるのですが…」
と言った時、何も聞かず
「いいよ。ちょっと人がいないとこで聞こうか」
と即座に相談に乗ってくれ、
「いいんだよ、もっと気楽に考えて」
と、本当に優しくぼくの悩みに応えてくれました。

入社5年目にしてようやく、「この会社で働いていこう」と確信を持って思えた瞬間でした。
この人の下でならやっていける、とも。

そんな心から感謝の気持ちを抱いていた部長ですので、離れるのはとても寂しい。
でも…長く仕事をしていたらこういう別れや再開というのはよくあることだし。
これからは、部長の励ましを糧に、さらに成長していこうと強く思えました。



……こう書いてて、なんかあれだな!

ぼくは本当にいろんな人に恵まれてるな!

これからも素敵な人たちとかけがえのない時間を過ごして、離れる時には「別れが寂しい」と思えるような関係を築いていきたいです。

本当に、いろんな人に感謝です。
[PR]
# by icemintken | 2013-04-18 14:17


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧