HOMEに戻る(ブログのみを御覧の方専用)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

初音ミク「ODDS&ENDS」への想い
この曲について語るのは無粋だと知りながら…でも、語らずにはいられない。

ODDS&ENDS

「メルト」「ブラックロックシューター」「ワールドイズマイン」等でお馴染み、supercellのryoさんの曲です。
その歌詞を、↑のサイトからお借りします。

----------------------------
いつだって君は嗤われ者だ
やることなすことツイてなくて 挙句に雨に降られ

お気にの傘は風で飛んでって
そこのノラはご苦労様と 足を踏んづけてった

いつもどおり君は嫌われ者だ
なんにもせずとも遠ざけられて 努力をしてみるけど

その理由なんて「なんとなく?」で
君は途方に暮れて悲しんでた

ならあたしの声を使えばいいよ 人によっては理解不能で
なんて耳障り ひどい声だって言われるけど

きっと君の力になれる だからあたしを歌わせてみて
そう君の 君だけの言葉でさ

綴って連ねて あたしがその思想(コトバ)を叫ぶから
描いて理想を その思いは誰にも触れさせない

ガラクタの声はそして響く ありのままを不器用に繋いで
目一杯に 大声を上げる

いつからか君は人気者だ
たくさんの人にもてはやされ あたしも鼻が高い

でもいつからか君は変わった
冷たくなって だけど寂しそうだった

「もう機械の声なんてたくさんだ 僕は僕自身なんだよ」って
ついに君は抑えきれなくなって あたしを嫌った

君の後ろで誰かが言う 「虎の威を借る狐のくせに!」
ねぇ君は 一人で泣いてたんだね

聴こえる?この声 あたしがその誹謗(コトバ)を掻きけすから
わかってる本当は 君が誰より優しいってことを

ガラクタの声はそして歌った 他の誰でもない君のために
軋んでく 限界を超えて

二人はどんなにたくさんの言葉を思いついたことだろう
だけど今は何ひとつ思いつかなくて だけどなにもかもわかった
「そうか、きっとこれは夢だ。永遠に醒めない、君と会えた、そんな夢」

ガラクタは幸せそうな表情(かお)をしたまま どれだけ呼んでももう動かない
望んだはずの結末に君は泣き叫ぶ 嘘だろ嘘だろってそう泣き叫ぶ

「僕は無力だ。ガラクタ一つだって救えやしない」
想いは涙に ぽつりぽつりとその頬を濡らす

その時世界は 途端にその色を大きく変える
悲しみ喜び 全てを一人とひとつは知った

言葉は歌になりこの世界を 再び駆け巡る君のために
その声に意思を宿して 今思いが響く
----------------------------

最初聞いた時は「ふーん?」くらいだったのですが、歌詞を見て…あまりのリアルさ、ryoさんの、ミクへの想いに涙が止まりませんでした。
あるレビューでは「ボカロ歴が長い人ほど、この曲は危険」と書かれていましたが、まさにその通り。
万人にお勧めできる曲だとは思いません。
ただ、ボカロ歴が長い人には、あまりにも刺さりすぎる歌詞ではないでしょうか。

ryoさんは、上で書いたように、「メルト」を発表された時から次々にヒット曲を連発して、ニコ動で圧倒的な支持を得てきました。

これだけの実力があるなら、プロとしてもやっていけるだろうな。

誰もがそう思ったでしょうね。
そして実際、アニメ「化物語」のED曲「君の知らない物語」でプロデビューしました。
でも歌っていたのはVOCALOIDではなく、実在の歌手であるnagiさん。

当時、かなりの批判があったことを覚えています。

「なんでミクに歌わせないんだ」
「メジャーになったらもうミクはいらないのか」
「所詮ryoにとってボカロってのは踏み台だったんだろ」
など…。
そして、それらの批判ではほぼ必ず、こう言われていました。

「ミクのおかげで有名になれたくせに」

だから、ODDS&ENDSに出てくるこの歌詞は、実際にニコ動で書かれたコメントなのでしょう。
"君の後ろで誰かが言う 「虎の威を借る狐のくせに!」"

おそらく、ryoさんは一時、本気でボカロの世界から離れようとしたのだと思います。
これからは人間のボーカルが歌う曲を作っていこう、と思ったのではないでしょうか。

でも、やっぱりミクへの想いは持ち続けていたんですね。
自分をここまで成長させてくれて、いつも傍で見守ってくれたのはやっぱりミクだった…と。
だから、この曲を書いたんだと思います。
その想いは、先程の歌詞に続くこの歌詞がほんと…ミクへの想いに溢れていて、読むだけでぐっときます。

"君の後ろで誰かが言う 「虎の威を借る狐のくせに!」
ねぇ君は 一人で泣いてたんだね

聴こえる?この声 あたしがその誹謗(コトバ)を掻きけすから
わかってる本当は 君が誰より優しいってことを"


一人のクリエーターと電子の歌姫の物語は、これからも紡がれていくのでしょう。
それを、遠くからですが、ぼくは静かに見守りつつ応援したいと思います。

ミクとこれほどの関係を築きあげられるryoさんに羨望の眼差しを向けながらw
[PR]
# by icemintken | 2012-12-15 18:35
AndroidタブレットとBluetoothキーボードで最高のモバイル環境を!
ひとつ前の記事で7インチタブレット、MEDIAS TABを購入したことを書きましたが、難点がひとつ。

…やはり文字が打ちにくい。

フリック入力も大画面になるため、これに関してはスマホより打ちにくく、長文を打つのが疲れます。
タブレットだとフルキーボードの方が打ちやすいですが、ソフトキーボードだとやはり誤入力が増え、ストレスが溜まります。
なんとかして快適なモバイル生活を実現せねば…。

このデメリットを解消するため、こんな物まで購入してしまいました。
Apple Wireless Keyboard


さらに、キーボードのカバーとしてこれも購入。
Origami Workstation

これは単にカバーになるだけではなく、なんとこうやってタブレットを立て掛けることができます。


…おおお。
自分で言うのもあれだけど、これ凄い良い…。
なんか、最先端のスタイルって感じがしませんか?w
普段はタブレットだけ持ち運び、長文を打つ時だけキーボードを持参する。
しかもタブレット、キーボード、ケースの全てを合計しても700~750g程度。
世間では、Windows8の発売と併せて、モニタとキーボードのセパレートタイプが発売されましたが、ここまで機動性に優れてはいないでしょう。
これで完全にノートPCがいらなくなります。
なんて快適なモバイル生活!

…が、ひとつだけ問題がありまして…。
ぼくにとってこのApple Wireless Keyboardが初めてのBluetoothということで気づかなかったのですが…めちゃくちゃ、無線LANと電波干渉します。
Bluetoothが使用する波長帯が2.4GHz。
無線LANのIEEE802.1b/g/nが使用する波長帯も2.4GHz。
ぐぬぬ、こんな問題があったのか…。

ルータがかなり遠くにあれば気にならないのですが、狭い室内だと、Bluetoothは問題ないのですが無線LANがめちゃくちゃ遅くなります。
じゃあ無線LANをIEEE802.1a(5GHz帯を使用)にすれば良いか、と思ったのですが、このMEDIAS TAB、2.4GHz帯にしか対応していません!
詰んだ!

…ということで、ウェブを見る時はキーボードの電源を切って…という方法でなんとか誤魔化しています。
キーボードは常に使うものでもないしね…。
幸いにも、簡単にApple Wireless Keyboardの電源のON/OFFができるため、そこまでストレスにはなっていません。

この欠点を差し引いたとしても、このモバイル環境が快適過ぎて、数年前に購入したMacBookを起動することが完全になくなってしまいそうです…(^^;
[PR]
# by icemintken | 2012-12-09 15:38
Androidタブレットデビュー!
初めてのAndroidであるKyocera Echoを手にしてから1年弱…。
そろそろ挙動が怪しくなってきました。
早期に不満を感じてしまうのは、技術向上が著しい過渡期に購入した宿命ですね。

まず、メモリが足りなくなってきた(常駐アプリが増えてきた)。
ソフトウェアがアップデートできない(アップデートには、Kyocera Echoの発売元であるアメリカのSprintまで持っていかないといけない)。
二画面ディスプレイという特徴的な作り故にバグも多く、頻繁に再起動する(酷い時は二日に一度)。

それに、この秋からメインの職場が変わって長時間通勤しないといけなくなりました。
電車内でスマホを使う機会が多くなり、一層、ストレスなく使えるAndroidが求められます。

…という理由を自分の中で作り上げることでw

最新機種に買い換えました!

Kyocera Echoではいろいろ大変な目にあったので、
やっぱり国産がイイよね!
ってことで、今年の9月にNECが発売したMEDIAS TAB UL N-08Dです。


タブレットデビューです。
6~7インチでは世界最軽量の249g。
iPad miniより60g程度軽い。
軽いは正義!
持った人みんなが「軽い!」と驚くくらいの軽さ。

今まで「タブレット?いらないわ~」と思ってたけど、これを手に入れてから考えが完全に変わりました。
今のところ、ベストなモバイル生活は
・電話、メールはガラケー
・ウェブ等は7インチタブレット
だと思っています。

いまだにスマホは、ガラケーが持つ基本的な機能が劣っているようで、特に電話機能に関しては、iPhone、Android共に良い話をまったく聞きません。
また、スマホを持つ人がだいぶ増えましたが、あの小さい端末でウェブや動画を見るのはかなり厳しいと思います。
やはり、6~7インチ程度の大きさは欲しいところ。
それにいろんなレビューで7インチタブレットについて評されていますが、7インチって大きさは、非常に手に馴染みやすいです。
持っていても苦にならない。
加えてMEDIAS TABのこの軽さ。
通勤にはなくてはならない存在になっています。

問題なのは、バッテリーのもちの悪さですかね。
スマホ程度しか持ちません。
まあそこは、軽さとのバランスなのである程度割りきるしかありません。
ぼくはこのタブレットをイーモバのPocket WiFiに繋げていて、Pocket WiFi用に充電器を持ち歩かないといけない。
この充電器をそのままタブレットにも使えるので、その点は問題にならないのでOK。

スマホより大画面でウェブや各種アプリの情報を見られるのは、思っていたよりずっと快適です!
皆さんもぜひ、7インチタブレットを。
モバイル生活が変わります!
[PR]
# by icemintken | 2012-12-09 15:17
奈々さまの応援歌
最近、公私共にいろいろあって元気も出ず、しょんぼりする毎日が続いていたのですが…そんな時、水樹奈々の歌の歌詞がスゴイ力を持っていることに気付きました!いまさら!
ということで、元気を出したいけど出ない…そんな時に応援してくれる奈々さまの歌詞をメモしておきます!

・New Sensation
一度きりの人生楽しむべきだよね絶対
自分の欠点見付けて落ちたり
たわいもない事考えちゃう暇もないそろそろ切り替えてみようよ

・フリースタイル
笑顔でいつもいたいけど
そう上手くは行かないよね
だけどそうありたいと思う限り
頑張ろう

・ミラクル☆フライト
過去に泣いたのは 記憶だけに納めて
神様さえ 知らないような
わくわくする甘い夢を見よう

・PERFECT SMILE
明日を信じる事で日常がもっと広がるよ
飾らないそのままの自分でいいよ
それがいいよ

・JUMP!
最強に元気出して行こう!
ひるんでるヒマはない
模範解答見当たらなくても
最高を捕まえに行こう!
もう一度エンジン全開
温まってく 生まれたての純粋-ピュア-な宝石

最後のJUMP!の畳み掛けるような歌詞は元気が出るし、New Sensationはここに挙げた以外の歌詞も全体的に力をくれます。
2番の「応援してくれてる感」がほんとスゴイ。

自分が弱ってる時だからこそ気が付いた、奈々さまの魅力でした。
[PR]
# by icemintken | 2012-11-17 19:16
久しぶりのモモーイ
11/3に横浜アニメイトで行われた、

桃井はるこ ニューアルバム「あんぎゃ ~モモーイ世界の旅~」発売インストアイベント(ミニライブ&トーク)

に参加してきました。
社会人になってからなかなかイベントに参加することが難しかったので、ほんと久しぶりのモモーイです。
(あれ?でもよくよく考えたら去年の夏以来か…)

会場に着いてから参加券をスタッフに渡し、整理番号をくじ引きするという形式だったのですが…物凄く良い番号を引きまして。
なんと、最前列のほぼど真ん中でした。
近い…この近さ、久しぶりだ…!

時間になり、モモーイ登場。
こじんまりとしたイベントだということもあってか、いつものように自然体のモモーイ。

トークの大半は、参加者が事前に記入した質問への回答でした。
みんな、アルバムに関する質問してるのかなーと思ってたら、意外に全然関係ない質問も多くてびっくりw
その分面白かったけどw

「好きな魚はなんですか?」とか
「いま就活中です。どうやって頑張ったらいいですか?」みたいな。

モモーイは
「私なんて毎日が就活みたいなもんですよ。
いま就活中の方も頑張ってください。
お祈りしています…って、お祈りじゃなんだかダメだよね!」
とか答えてましたw

「横浜と言えばどんな曲が浮かびますか?」には
「横浜って言ったら……♪おーおーうおーうおー♪よーこはまべいすたーず♪」

「ではそろそろライブに移ろうと思うんですけど…」

とモモーイが言うと、みんなから一斉に

「ええー!今来たばっかりー!!」

の声がw
あまりの声に、モモーイも思わず

「ちょっwwそれが今日一番大きな声ってどういうことー!」

「でもさ、今のって凄いですよね。
私、ずっとメールの着信音にモモーイボイスを使ってたんですけど…
もう一回、『今来たばっかりー!』ってのをしていただいて、それを着信音にしちゃってもいいですか…?」

と、衝撃のリクエスト。
みんなはもちろん、おおーっ!と応えて…
モモーイが客席に向けたiPhoneに向かって、みんなでもう一度一斉に

「今来たばっかりー!!!」

と叫びましたw
これはみんなにとってもモモーイにとっても、良い思い出になったのではw

そんなやり取りをしつついざミニライブを始めようとすると、モモーイならではの粋な心遣いが。

「古い建物なので㌧㌦はできないんですけど、後ろが空いてるから打つ方は自由に行ってくださーい。神々のおわす場所ww」

それを聞いてちらほらと後ろに移動する神々たち…の様子をちらちら確かめるモモーイ。

「これってなんだか凄いですよね。
普通、私がスタンバイするのを皆さんに待っていただくのに、皆さんがスタンバイするのを私が待つっていう(笑)」

そしてライブスタート!
ただでさえ近かったモモーイが更に近くに!
その距離は2mも無くて、本当に至福のひと時でした~。

以下、ミニライブで歌った曲。

月と星の歌
S・N・S・N・S!
恋のタイムリミット
Live Alive

えーっと、あと一曲あったような気もしたんだけどな…(^^;
「とびだせ!3D」だっけ…?
だめだーやっぱりイベントが終わったら速攻でレポ書かないとね!

新曲ばかりなので、みんなのまだ慣れていないノリ方がなんとも新鮮でしたw
そういう時って自分の好きなようにノれるのが嬉しいです(^^)
[PR]
# by icemintken | 2012-11-11 17:29


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧